常見陽平の最強鬼畜カルチャースクール#7“ウェブニュース一億総バカ時代”バトルロイヤル

カフェに
行く

  • スペシャルリングサイドシート
    3,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

毎回、出入り禁止すれすれ、暴動寸前のこのシリーズ、第7弾の開催が決定ッ!ネット界を震撼させまくっている超絶話題作『ウェブニュース一億総バカ時代』(双葉社)著者の三田ゾーマ氏が緊急参戦ッ!ネットニュースはなぜ無料で読めるのか?それは広告などの金が唸っているからだ。ステマ、ネイティブアドなどの実態を暴きまくるッ!そこにしびれる、あこがれるぅ!正体不明の三田ゾーマ氏は、ガチで覆面で登場。通訳として編集者の参戦も噂されている。迎え撃つは、ウェブニュース界の申し子、『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社)『ネットのバカ』(新潮社)などで知られる中川淳一郎氏。この場だけの過激な話の応酬になりそうだ。コーディネーターはもちろん、「若き老害」こと千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平。中川淳一郎氏とは、「立川兄弟」というユニットを結成したばかり(中川の実家は立川、常見は学生時代立川の錦町という繁華街に住んでいた)。さらに、今回は「若き老害」Tシャツのお披露目も。超満員札止め必至の最重要イベントを見逃すな!

【論点】

  • ネットニュースのターニングポイント
  • ネットニュースの功罪
  • ネットニュースがネトウヨ増加に貢献してしまった?
  • 運営側はプロか素人なのか問題
  • PRマンとメディアの劣化の連鎖
  • 読者はネットニュースをどう読んでいるのか
  • デバイス(PC→携帯→スマホ・タブレット)、ツール(キュレーションアプリなど)によって何が変わったか?
  • PV数アップの手段はどう進化したか?
  • ネットニュースとマスメディアの関係の変化
  • マネタイズのこれから
  • ステマ、バイラルメディアなどの、何が「悪」なのか(読者はどう思っているか)
  • 書き手も編集者も、運営母体もプロの時代になっていないか?
  • やっぱりマスメディア最強じゃないか?
  • この⒑年間のネットニュースベスト⒑を上げるとするならば?

 

【イベント後記】

三田ゾーマ Zoma Mita

都内の某ニュースサイトで働いて5年目の“中の人”、30代。
これまで多くのニュースサイトの記事作りに関わってきたが、その中で数々の「ステマ」広告作りにも手を染める。
「日本のニュースサイトの中でも俺ほどステマに関わってきた奴はいない」と思っている。

中川淳一郎 Junichiro Nakagawa

ライター、編集者、PRプランナー。1973年生まれ。東京都立川市出身。一橋大学商学部卒業後、博報堂CC局で企業のPR業務を担当。2001年に退社し、しばらく無職となったあとフリーライターになり、その後『テレビブロス』のフリー編集者に。企業のPR活動、ライター、雑誌編集などを経て『NEWSポストセブン』など様々な、ネットニュースサイトの編集者となる。
著書に『ウェブとバカは暇人のもの』(光文社新書)、『夢、死ね!』(星海社新書)など。

常見陽平 Yohei Tsunemi

千葉商科大学国際教養学部専任講師。
北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。学生時代は、中川淳一郎(ウェブ編集者)とともに、学生プロレスで活躍。リクルート、玩具メーカー、コンサルティング会社を経てフリーに。雇用・労働、キャリア、若者論などをテーマに執筆、講演に没頭中。2015年4月 千葉商科大学に新設される国際教養学部の専任講師に就任。ネット、ラジオ番組などでは「若き老害」と呼ばれ、賛否を呼んでいる。
『リクルートという幻想』(中央公論新社)など著書多数。

カフェに
行く

  • スペシャルリングサイドシート
    3,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2015/07/16 19:00
タイムシフト視聴終了
2015/07/23 18:00