ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 第3期#3小説の「自由」度について──文学(2nd cycle)

ネットで
見る

  • [講義]チャンネル会員
    無料
  • [講評]一般
    無料

〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉の講義を生中継します。
「講義」部分の視聴はゲンロン完全中継チャンネルの会員の方限定となります。

「講評」部分の中継は一般の方でもご視聴いただけます。
「講評」部分については、タイムシフトを公開しません。あらかじめご了承ください。

【課題】

小説の「自由」度について

本年度は、「文学」関係のワークショップが、私の担当もふくめ三回に限られているようだ。よって、今回は、区々たる課題ではなく、上記のような「大風呂敷」を与えたくおもいます。
素晴らしい言葉だが、その人だけには言って欲しくなかったものとして、「小説といふものは何をどんな風に書いても好いものだ」(森鴎外『追儺』一九〇九年)という名句が、出題者の念頭にあります。あるいは、小説が、言語芸術内の「捨て子」もしくは「私生児」であるというマルト・ロベールの卓言。その「捨て子」の「自由」度といったものを、①同じ言語芸術内の別ジャンルみならず、映画・演劇・音楽といった他の表現ジャンルとの比較を通して、②可能な限り具体的に、考察してください。
もちろん、逆にその「不自由」度でも、何ものかに対する思いがけぬ「正嫡」性でもかまいません。また、「批評」(もしくは、他人に読ませる「文章」)として成立していれば、①②の条件を無視しても構わない。
ともかく、この「大風呂敷」に、思い思いの言葉を、大胆かつ繊細に包みこんでお届けください。

 

【イベント後記】


 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

 

school_logo_large2

ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 – ゲンロンスクール

ゲンロン 佐々木敦 新・批評家育成サイト

ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 – Facebook

渡部直己 Naomi Watanabe

1952年東京生まれ。文芸批評家。早稲田大学文学学術院教授。専門:文芸批評、表象分析、創作指導。
著書『不敬文学論序説』(太田出版)、『私学的、あまりに私学的な』(ひつじ書房)、『日本小説技術史』(新潮社)、『言葉と奇蹟 泉鏡花・谷崎潤一郎・中上健次』(作品社)など多数。2017年1月に新著『日本批評大全』(河出書房新社)を刊行。

佐々木敦 Atsushi Sasaki

撮影=新津保建秀
1964年生まれ。批評家。HEADZ主宰。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉主任講師。『即興の解体/懐胎』(青土社)、『ex-music(L)』『同(R)』(アルテス・パブリッシング)、『「4分33秒」論』(Pヴァイン)、『シチュエーションズ』(文藝春秋)、『批評時空間』(新潮社)、『未知との遭遇』(筑摩書房)、『ニッポンの思想』、『ニッポンの音楽』(講談社現代新書)、『あなたは今、この文章を読んでいる。』(慶應義塾大学出版会)、『ゴダール原論』(新潮社)、『例外小説論』(朝日新聞出版)、『ニッポンの文学』(講談社現代新書)、など著書多数。近著に『未知との遭遇【完全版】』(星海社新書)、『筒井康隆入門』(星海社新書)、10/25発売『新しい小説のために』(講談社)がある。

ネットで
見る

  • [講義]チャンネル会員
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2017/07/12 19:30
タイムシフト視聴終了
2017/07/19 18:00
  • [講評]一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2017/07/12 21:30
タイムシフト視聴終了
2017/07/12 23:59