『文学賞メッタ斬り!』ライブ in 五反田 part2──第157回芥川賞・直木賞徹底総括SP

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

本イベントはラジオ日本のご協力のもと、ゲンロンカフェの主催により開催するものです。当日の模様はラジオ日本の番組として配信されます。あらかじめご了承ください。

【イベント概要】

2017/07/20追記
第157回芥川賞は沼田真佑「影裏」、第157回直木賞は佐藤正午『月の満ち欠け』に決定!
また、ラジオでは流れないイベント第2部には、惜しくも受賞を逃した宮内悠介さんのゲスト参加が決まりました。
ここでしか聞けない直木賞敗戦秘話に注目!

半年ぶりに『文学賞メッタ斬り!』コンビがゲンロンカフェに帰ってくる!

来る7月19日(水)に選考会が行われる第157回芥川賞直木賞の選考結果を、熱気さめやらぬうちに徹底総括!!
第1部はラジオ日本の人気企画「文学賞メッタ斬り!スペシャル」を公開収録。第2部は、ラジオでしゃべれない〝ここだけの話〟が聞けるかも?
「予想編」は7月16日(日)25時よりラジオ日本でオンエア!ポッドキャストの配信もあるので、ぜひ予習のうえ、会場にいらしてください!詳しくはこちらから。

第157回芥川龍之介賞候補作品(作者名50音順)
今村夏子「星の子」小説トリッパー春号
温又柔「真ん中の子どもたち」すばる4月号
沼田真佑「影裏」文學界5月号
古川真人「四時過ぎの船」新潮6月号

第157回直木三十五賞候補作品(作者名50音順)
木下昌輝『敵の名は、宮本武蔵』KADOKAWA
佐藤巖太郎『会津執権の栄誉』文藝春秋
佐藤正午『月の満ち欠け』岩波書店
宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』KADOKAWA
柚木麻子『BUTTER』新潮社

 

【イベント後記】

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

大森望 Nozomi Ohmori

1961年高知生まれ。書評家・SF翻訳家・SFアンソロジスト。〈ゲンロン 大森望 SF創作講座〉主任講師。著書に『21世紀SF1000』、『新編・SF翻訳講座』、《文学賞メッタ斬り!》シリーズ(豊崎由美と共著)、《読むのが怖い!》シリーズ(北上次郎と共著)など。アンソロジーに《NOVA 書き下ろし日本SFコレクション》《不思議の扉》の各シリーズのほか、『星雲賞SF短編傑作選 てのひらの宇宙』など。訳書にコニー・ウィリス『ブラックアウト』『オール・クリア』など多数。2013年には『NOVA』が第34回日本SF大賞特別賞を受賞。

豊﨑由美 Yumi Toyozaki

1961年愛知県生。東洋大学印度哲学科卒業後、編集プロダクション勤務を経てフリーに。「GINZA」「TV Bros.」など多くの雑誌に連載を持つライター・書評家。
著書は、『そんなに読んで、どうするの?』(アスペクト)、『ニッポンの書評』(光文社新書)など多数。
共著書に大森望との『文学賞メッタ斬り!』(ちくま文庫 Kindle)、岡野宏文との『百年の誤読』(ちくま文庫 Kindle)など。

植竹公和 Kimikazu Uetake

放送作家&作詞作曲家(杏里、角松敏生などなど) 
笑ってコラえて、オレたちひょうきん族、ブロード・キャスター、11PM
ラジカントロプス2.0(ラジオ日本)の司会 円覚寺佛日庵の落語会プロデューサー 
渋谷ラ・ママ新人コント大会主催  作詞家・松本隆のイベントや番組を多数企画
1972年有島武郎賞文学賞入選(北海道新聞社主催)

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2017/07/22 19:00
タイムシフト視聴終了
2017/07/29 18:00