「移人称」と「新しい私」。未来の小説への道はどこにあるのか──『新しい小説のために』刊行記念対談

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

10月25日、佐々木敦氏による528ページの文芸批評書『新しい小説のために』が発売されました!
本書は、「私小説論」史を軽快かつ巧妙にドライブしながら、
ジャンルを貫通する多角的な視点で小説が論じされた「新しい小説論」であり、
作家、または読者をもを含む、「新しい私論」でもあります。

この度ゲンロンカフェではこの大著の刊行記念として、
ゲストに批評家の渡部直己氏をお招きして、ふたりの批評家による対談を開催いたします!
著者自らが、渡部直己「移人称小説論ーー今日の「純粋小説」について」(『小説技術論』所収)への返信でもあると語る本論。
「移人称」と「新しい私」について、そして「未来の小説への道」について、ゲンロンカフェであらためてたっぷりと議論していただきます!
批評再生塾講義でも例年神回と名高い、渡部氏と佐々木氏のトーク!!
どうぞお見逃しなく、お楽しみに。

 

201612
『新しい小説のために』(講談社)

 

【チケットのご購入】

佐々木敦 Atsushi Sasaki

撮影=新津保建秀
1964年生まれ。批評家。HEADZ主宰。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉主任講師。『即興の解体/懐胎』(青土社)、『ex-music(L)』『同(R)』(アルテス・パブリッシング)、『「4分33秒」論』(Pヴァイン)、『シチュエーションズ』(文藝春秋)、『批評時空間』(新潮社)、『未知との遭遇』(筑摩書房)、『ニッポンの思想』、『ニッポンの音楽』(講談社現代新書)、『あなたは今、この文章を読んでいる。』(慶應義塾大学出版会)、『ゴダール原論』(新潮社)、『例外小説論』(朝日新聞出版)、『ニッポンの文学』(講談社現代新書)、など著書多数。近著に『未知との遭遇【完全版】』(星海社新書)、『筒井康隆入門』(星海社新書)、10/25発売『新しい小説のために』(講談社)がある。

渡部直己 Naomi Watanabe

1952年東京生まれ。文芸批評家。早稲田大学文学学術院教授。専門:文芸批評、表象分析、創作指導。
著書『不敬文学論序説』(太田出版)、『私学的、あまりに私学的な』(ひつじ書房)、『日本小説技術史』(新潮社)、『言葉と奇蹟 泉鏡花・谷崎潤一郎・中上健次』(作品社)など多数。2017年1月に新著『日本批評大全』(河出書房新社)を刊行。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2017/12/05 19:00
タイムシフト視聴終了
2017/12/12 18:00