BuzzFeed

「BuzzFeed」に、9/22(金)にゲンロンカフェで行われたイベント「縄文時代にタトゥーはあったのか?」のレポート記事が掲載されました。

BuzzFeed

『viewpoint』79

セゾン文化財団の季刊ニュースレター『viewpoint』の79号に、弊社副代表・上田洋子がゲンロンカフェの紹介記事を寄稿しています。「ゲンロンという劇場」と題し、カフェや利賀セミナー、『ゲンロン5』について述べています。写真も多数掲載。

viewpoint

『散歩の達人』2017年9月号

8月21日(月)発売の『散歩の達人』9月号は目黒・五反田・白金の特集。「思想家・東浩紀が主催のイベントスペース」として、ゲンロンカフェを写真入りで紹介していただきました。

『SFマガジン』2017年8月号

現在発売中の『SFマガジン』2017年8月号に、大森望×片渕須直「コニー・ウィリス、その作品世界と魅力――『ブラックアウト』『オール・クリア』と『この世界の片隅に』」が掲載されています。4月22日に開催されたゲンロンカフェイベント「大森望のSF喫茶#24」を記事化し、再構成したものです。

『日本経済新聞』2017年7月15日朝刊

『日本経済新聞』2017年7月15日朝刊27面の読書欄「活字の海で」で、活字媒体と読者をつなぐ新たなイベントスペースとして、ゲンロンカフェをご紹介いただきました。
日本経済新聞

『新潮』2017年8月号

『新潮』2017年8月号に、浅田彰+東浩紀+千葉雅也「ポスト・トゥルース時代の現代思想」が掲載されました。3月25日に開催された、ゲンロンカフェの浅田彰さん還暦記念トークイベントを記事化したものです。

『再起動する批評』『SFの書き方』

2017年4月20日、朝日新聞出版から『再起動する批評 ゲンロン批評再生塾第一期全記録』、早川書房から『SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録』が刊行されます。いずれもゲンロンスクールの一年間の内容を再編集のうえ書籍化したものです。批評を書きたい方、SFを書きたい方は、みなさん必携です。

Amazon(再起動する批評)
Amazon(SFの書き方)

大和田俊之+磯部涼+吉田雅史『ラップは何を映しているのか』

ゲンロンカフェのイベントから生まれた大和田俊之さん・磯部涼さん・吉田雅史さんの鼎談本『ラップは何を映しているのか』(毎日新聞出版)が、3月27日に刊行されます。下敷きとなった昨年末のゲンロンカフェイベント(http://genron-cafe.jp/event/20161125/)から、大幅に加筆・追加収録されています。日米ラップの変遷・現在ががっつり語られています。
Amazon

『潮』2017年4月号

今月5日発売の『潮』4月号に、2/1(水)にゲンロンカフェで開催した三浦瑠麗×津田大介×東浩紀「2017年、世界はどこへ向かうのか」三浦瑠麗×津田大介×東浩紀「日本の未来とポピュリズム」が再構成のうえ、収録されています。特集「「トランプ時代」の世界と日本」のメイン記事です。

朝日新聞『be』(土曜版)2017年2月4日号「フロントランナー」欄

朝日新聞『be』(土曜版)2017年2月4日号の「フロントランナー」欄で、『ゲンロンβ』やゲンロンカフェイベントでおなじみの山本貴光さん、吉川浩満さんが取り上げられています。カフェイベントの写真も大きく掲載いただきました!
朝日新聞

1 / 712345...»