9/5申込〆切! ツアー参加者・大山顕と講師・東浩紀がチェルノブイリツアーの魅力を語り尽くす!!

ネットで
見る

  • 視聴
    無料

【イベント概要】

9/5(月)に申込締切を迎える、「ゲンロン H.I.S. チェルノブイリツアー」。

ツアーに参加申し込みをした写真家・大山顕さんと、講師としてツアーに同行する批評家・東浩紀が、チェルノブイリツアーの魅力や見どころをたっぷりお話しします。
完全無料でご覧いただけます!

東浩紀と行く♪チェルノブイリ産業遺産と歴史都市キエフをめぐる7日間♪10月HIS主催羽田発着
http://school.genron.co.jp/chernobyl/chernobyl-2016/

 

【イベント後記】

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

大山顕 OHYAMA Ken

フォトグラファー/ライター。1972年11月3日生まれ。1998年千葉大学工学部修了。研究テーマは工場構造物のコンバージョン提案。工業地域を遊び場としてきた生い立ちがこの論文に結実。卒業後松下電器株式会社(現Panasonic)に入社。シンクタンク部門に10年間勤めた後、フォトグラファーとして独立。出版、イベント主催などを行っている。
主な著書に『工場萌え』『団地の見究』(共に東京書籍)『ジャンクション』(メディアファクトリー)、『ショッピングモールから考える——ユートピア・バックヤード・未来都市』(東浩紀との共著、幻冬舎新書)など。2017年4月より『ゲンロンβ』にて「スマホの写真論」を連載している。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

ネットで
見る

  • 視聴
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2016/09/01 19:30
タイムシフト視聴終了
2016/09/05 23:59