ゲンロンカフェ@VOLVO STUDIO AOYAMA#20紙の本のつくり方

カフェに
行く

  • 前売券 1ドリンク付
    3,000円
満員御礼 購入はこちら

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

※ 本イベントの会場は、ボルボ スタジオ 青山となります。ゲンロンカフェでの開催ではありません。

【イベント概要】

好評シリーズ、第20回は「紙の本のつくりかた」をテーマに、
グラフィックデザイナー、アート・ディレクターの祖父江慎さん、
「デザインのひきだし」の津田淳子さん、
そして文筆家・山本貴光さんという紙の本を遊び尽くしている最強メンバーで、
そのつくり方についてじっくりとお話いただきます。
デザイナー、編集者、読者の様々な視点で、いまあらためて「紙の本」を振り返る絶好の機会。

会場は「ボルボ スタジオ 青山」。
美味しいシャンパンや珈琲のご用意もございますので、
ぜひご来場いただき素敵な空間とともにお楽しみください。

 

【そのほか】

・会場はボルボ スタジオ 青山(東京都港区北青山3-3-11)です。
・途中入退場自由ですが、開演後のご入場は、生放送に映り込む可能性がございます。
・未成年の方、車でご来場の方にはアルコールを提供できません。
・18歳未満の方は23時以降の参加はできません。
・保護者が同伴しない18歳未満の方は22時以降の参加はできません。
・本イベントはインターネットでの動画配信を予定しております。ご来場のお客様は映像に映り込む可能性がございます。
・イベント中の無断録画・録音はご遠慮ください。

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

祖父江慎 Shin Sobue

1959年、愛知県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科を中退後、グラフィックデザイナー、アート・ディレクターとして活躍しながら、現在、コズフィッシュ代表。すべての印刷されたものに対する並はずれた「うっとり力」をもって、日本のブックデザインの最前線で幅広いジャンルを手がけている。スヌーピーミュージアム東京、ミッフィー展ほかの展覧会ブラフィック、グッズデザインにも力を発揮する。過去の仕事をまとめた『祖父江 慎+cozfish』(PIE BOOKS)は絶賛発売中。AGI、TDC会員。

津田淳子 junko Tsuda

編集者。1974年神奈川県生まれ。編集プロダクション、出版社を経て、2005年にグラフィック社入社。2007年『デザインのひきだし』を創刊する。デザイン、印刷、紙、加工に傾倒し、それらに関する書籍を日々編集中。読む本は紙の本も電子書籍も、それぞれたくさん楽しんでいるものの、自分でつくる本は紙の本ばかり。それは自分がつくりたい内容の本は、紙という媒体に適していると思っているからです。デザインのひきだし以外で企画編集した本に『ヒグチユウコ画集 CIRCUS』『Higuchi Yuko Artworks BABEL』『宇野亞喜良クロニクル』『グッズ製作ガイドBOOK』『印刷・加工DIYブック』『レイアウト、基本の「き」』ほか。

山本貴光 Takamitsu Yamamoto

1971年生まれ。文筆家・ゲーム作家。コーエーでのゲーム制作を経てフリーランス。著書に『投壜通信』(本の雑誌社)、『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)、『「百学連環」を読む』(三省堂)、『文体の科学』(新潮社)、『世界が変わるプログラム入門』(ちくまプリマー新書)、『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎との共著、ちくまプリマー新書)、『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満との共著、太田出版)、『サイエンス・ブック・トラベル』(編著、河出書房新社)など。翻訳にジョン・サール『MiND——心の哲学』(吉川と共訳、ちくま学芸文庫)、サレン&ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(ソフトバンククリエイティブ;ニューゲームズオーダーより再刊予定)など。

カフェに
行く

  • 前売券 1ドリンク付
    3,000円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2019/07/26 19:00
タイムシフト視聴終了
2019/08/02 18:00