2021年の夏はどうなる? コロナと五輪に翻弄される日本社会のゆくえ──ゲンロン特別無料放送:『新プロパガンダ論』で時事を語る #2

ネットで
見る

  • 一般
    無料
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    550円

【イベント概要】

新プロパガンダ論』の著者である辻田真佐憲(近現代史研究家)・西田亮介(社会学者)両氏のコンビと、司会の東浩紀による、ゲンロン特別無料時事分析放送第2弾!

3月22日放送の第1弾では、政権樹立から半年をむかえた菅政権の分析を中心に、混迷を極める政局を徹底検証。メディアと政治の両面から鋭く切り込む議論は、10万再生近い反響を呼んだ。

それから3ヶ月後、第2弾となる今回の番組は、東京五輪開会式のちょうどひと月前の放送となる。各界から感染拡大懸念の声が上がるなか、政府は観客を入れての開催にむかって爆進している。また東京では、都議選が放送直後の6月25日に告示、7月4日に投開票される。コロナ発生から1年あまり、夜8時消灯や宅飲み禁止などつねにポピュリズムを牽引してきた小池百合子都知事は、この選挙でどう動くのか。

さらに10月には衆議院議員が任期満了を迎える。東京五輪・パラが成功し、ワクチン接種が進めば空気が変わるという見方もある。じっさい野党は迷走を続けているが、この状況でも与党は勝ってしまうのか。

いずれにせよ、2021年の夏が、これからの東京、そして日本を占う大きな節目になることはまちがいない。いったいわたしたちはこれからどうなってしまうのだろう? 

1時間半の特別無料枠でお送りする、ゲンロンならではのいっぷう変わったシン・時事分析! 今回も、シラスでは有料で二次会を開催予定。有料ならではのヤバい話はそちらで展開されるので、あわせてお楽しみに!

政治の戦場はいまや嘘と宣伝のなかにある!

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

 

201612
辻田真佐憲+西田亮介『新プロパガンダ論』(ゲンロン)

辻田真佐憲 Masanori Tsujita

1984年大阪府生まれ。文筆家、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科中退。2011年より執筆活動を開始し、現在、政治・戦争と文化芸術の関わりを研究テーマとしている。著書に『日本の軍歌』、『ふしぎな君が代』『大本営発表』『天皇のお言葉』(以上、幻冬舎新書)、『空気の検閲』(光文社新書)『愛国とレコード』(えにし書房)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)、『古関裕而の昭和史』 (文春新書) などがある。共著に『教養としての歴史問題』(東洋経済新報社)、『新プロパガンダ論』(ゲンロン)などがある。歴史資料の復刻にも取り組んでおり、監修CDに『日本の軍歌アーカイブス』(ビクターエンタテインメント)、『出征兵士を送る歌 これが軍歌だ!』(キングレコード)、『日本の軍歌・軍国歌謡全集』(ぐらもくらぶ)などがある。

西田亮介 Ryosuke Nishida

1983年京都生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院/環境・社会理工学院准教授。博士(政策・メディア)。専門は公共政策の社会学。著書に『ネット選挙——解禁がもたらす日本社会の変容』(東洋経済新報社)、『無業社会——働くことができない若者たちの未来』(工藤啓との共著、朝日新書)、『情報武装する政治』(KADOKAWA)がある。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)、『哲学の誤配』(2020年)、『ゲンロン戦記』(2020年)ほか多数。対談集に『新対話篇』(2020年)がある。

ネットで
見る

  • 一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2021/06/23 20:00
放送終了
無期限
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    550円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2021/06/23 22:00
公開終了
2021/12/21 23:59