『コティングリー妖精事件』刊行記念(仮)

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    990円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

写真家の大山顕さん、千葉工業大学教授の浜野志保さんによるトークイベントを配信します。詳細は後日公開いたします。

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

 

コティングリー妖精事件
井村君江、浜野志保 編著『コティングリー妖精事件――イギリス妖精写真の新事実』(青弓社)

大山顕 OHYAMA Ken

フォトグラファー/ライター。1972年11月3日生まれ。1998年千葉大学工学部修了。研究テーマは工場構造物のコンバージョン提案。工業地域を遊び場としてきた生い立ちがこの論文に結実。卒業後松下電器株式会社(現Panasonic)に入社。シンクタンク部門に10年間勤めた後、フォトグラファーとして独立。出版、イベント主催などを行っている。
主な著書に『工場萌え』『団地の見究』(共に東京書籍)『ジャンクション』(メディアファクトリー)、『ショッピングモールから考える——ユートピア・バックヤード・未来都市』(東浩紀との共著、幻冬舎新書)『新写真論 スマホと顔』(ゲンロン)。

浜野志保 Shiho Hamano

1974年愛知県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科満期退学。現在、千葉工業大学創造工学部教授。専門は近代視覚文化史、境界科学文化史。2016年から神智学者エドワード・L・ガードナーの遺品の調査に関わり、2017年「コティングリー妖精事件」展(うつのみや妖精ミュージアム)、2018年「コティングリー妖精事件と神智学者ガードナー」展(名古屋大学プロジェクトギャラリー「clas」)、同年「コティングリー妖精事件関連資料」展示(第10回恵比寿映像祭「インビジブル」、東京都写真美術館)での監修・解説を担当した。著書に『写真のボーダーランド-X線・心霊写真・念写』(青弓社)、『コティングリー妖精事件ーイギリス妖精写真の新事実』(青弓社、井村君江との共編著)、訳書にタイラー・コーエン『創造的破壊ーグローバル文化経済学とコンテンツ産業』(作品社)など。現在の研究テーマは19-20世紀ドイツにおけるダウジングと筆跡学。

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    990円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2021/08/04 19:00
公開終了
2022/02/01 23:59
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2021/08/04 19:00
タイムシフト視聴終了
2021/08/11 23:59