愛国と博愛の未来を考える──団塊ジュニアの日本論

カフェに
行く

  • 友の会会員 前売券
    1,500円
  • 友の会会員 当日券
    2,000円
  • 一般 前売券
    2,000円
  • 一般 当日券
    2,500円

ネットで
見る

【イベント概要】

去る3月14日には国会議員有志が抗議集会を開くなど、社会問題としてふたたび注目を浴びつつある在特会デモ。「韓国人を殺せ」など過激な主張が目立つ彼らの行動は、従来の右翼とは一線を画する、新しいタイプのナショナリズムの拡大を予感させる。その背景には、失われた20年で培われた鬱屈の感情があり、またソーシャルメディアをインフラとした新たな動員の戦略がある。

日本を愛するとはなんなのか。他民族との「共生」とはなにを意味するのか。そもそも私たちは、子供にどのような日本を手渡すべきなのか。

3.11以降特命大臣として原子力行政を担当し、新たな綱領では「共生社会」の構築を訴えた民主党幹事長・細野豪志がついにゲンロンカフェに降臨。同じ41歳、1971年生まれの東浩紀と、ひとりの父、ひとりの男として「日本の未来」「社会の未来」をめぐり激論を交わす。

ゲンロンカフェだからこそできる、最前線の政治家と哲学者による本音トーク。これこそが現代の新たな「饗宴(シュンポシオン)」だ!

細野豪志 Goshi Hosono

1971年生まれ。滋賀県出身。衆議院議員。京都大学法学部卒。2000年に28歳で初当選。
その後5回連続、小選挙区で勝利し当選している。
有事の際の国民保護法、海洋基本法、宇宙基本法などに関わった後、原発担当大臣、環境大臣、民主党政調会長を歴任。現在は民主党幹事長。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)ほか多数。

カフェに
行く

  • 友の会会員 前売券
    1,500円
  • 友の会会員 当日券
    2,000円
  • 一般 前売券
    2,000円
  • 一般 当日券
    2,500円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2013/04/04 20:30
タイムシフト視聴終了
無期限