黒川文雄のエンタメ創造記#1GDC(ゲームデベロッパーズカンファレンス)から見る現在のゲーム

カフェに
行く

  • 前売券
    2,500円
  • 当日券
    3,000円

【イベント概要】

「黒川文雄のエンタメ創造記」、第一回目のテーマは「GDC(ゲームデベロッパーズカンファレンス)から見る現在のゲーム」です。

2013年3月、サンフランシスコスで開催されたGDC(ゲームデベロッパーズカンファレンス)。
世界中からゲームソフト開発者が参加するカンファレンスで感じたゲーム開発トレンドと、現地でしか感じられないものとは・・・。
そしてゲームの未来地図はどうなるのか。コンシューマゲームが斜陽化し、さらにソーシャルゲームも失速する日本のゲームマーケットの今後も視野に入れたトークを展開します。

小野憲史 Kenji Ono

1971年生まれ 主夫業と三匹の猫の世話に忙しいフリーのゲームジャーナリスト。
関西大学卒業後、ゲーム批評(マイクロマガジン社)編集長などを経て現職。
NPO法人IGDA日本代表。

黒川文雄 Fumio Kurokawa

1960年、東京都生まれ。音楽ビジネス、映画・映像ビジネス、ゲームソフトビジネス、オンラインコンテンツ、そしてカードゲームビジネスなどエンターテインメントビジネスとコンテンツの表と裏を知りつくすメディアコンテンツ研究家。コラム執筆家。黒川メディアコンテンツ研究所・所長。黒川塾主宰。

カフェに
行く

  • 前売券
    2,500円
  • 当日券
    3,000円

友の会入会はこちらから