公開句会「東京マッハ」vol. 7──五反田の五とvol. 7の七

カフェに
行く

  • 前売券
    2,500円
  • 当日券
    3,000円

【イベント概要】

俳句を持ち寄り、人気投票を経て、作者を伏せた状態で批評する。句会とは、即興性の高い「話ゲー」である。
公開句会「東京マッハ」は2011年夏、男4人で渋谷にて顔見世。以後、池田澄子・川上弘美・藤野可織をゲストに阿佐ヶ谷・新宿・京都百万遍で興行し、柴崎友香を迎えて谷中で開いた「ジョジョ句会」は荒木飛呂彦監修のSPURムック『JOJOmenon』に収録された。今回、9月の札幌ツアー直前に開催を緊急決定。東京での公開開催は1年ぶりとなる。
ぜひあなたも、人気投票に参加してください。

堀本裕樹 Yuki Horimoto

俳人。「いるか句会」「たんぽぽ句会」主宰。第26回角川春樹賞、第2回北斗賞、第36回俳人協会新人賞受賞。
『すばる』にて、又吉直樹(ピース)と「ササる俳句 笑う俳句」を連載中。
著書に『十七音の海 俳句という詩にめぐり逢う』(カンゼン)、句集『熊野曼陀羅』(文學の森)。
自選一句「銀漢を荒野のごとく見はるかす」

米光一成 Kazunari Yonemitsu

ゲーム『ぷよぷよ』『トレジャーハンターG』『バロック』『一直線クエスト』『KingOfWands』などの企画監督脚本。立命館大学映像学部教授、宣伝会議編集ライター講座プロフェッショナルコース専任講師。ソニー銀行「人生通帳」や英語学習ソフトのインターフェイスアドバイザー等も務める。著作に『仕事が100倍楽しくなるプロジェクト攻略本』『誰でも作れる電子書籍』『自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法』など。

長嶋有 Yu Nagashima

小説家。「サイドカーに犬」で文學界新人賞、「猛スピードで母は」で芥川賞(両作収載の『猛スピードで母は』は文春文庫)、
『夕子ちゃんの近道』(講談社文庫)で大江健三郎賞受賞。近作に『佐渡の三人』(講談社)。「ブルボン小林」名義でコラムニストとしても活動する。
長嶋作品をさまざまな作家が漫画化した『長嶋有漫画化計画』(光文社)刊行につづき、『フキンシンちゃん』(エデンコミックス)で漫画家デビューも果たした。
自選一句: 「未使用のストロー軽し夏の暮」

千野帽子 Boshi Chino

日曜文筆家。女性誌・文芸誌・新聞などにエッセイ、書評を寄稿。
著書に『読まず嫌い。』(角川書店)『文藝ガーリッシュ素敵な本に選ばれたくて。』『世界小娘文學全集 文藝ガーリッシュ舶来篇』(河出書房新社)
『文學少女の友』(青土社)『俳句いきなり入門』(NHK出版新書)。
自選一句: 「おまつりに来てつながない手がたくさん」

カフェに
行く

  • 前売券
    2,500円
  • 当日券
    3,000円

友の会入会はこちらから