2人のダークツーリストが語る、悲劇の観光ありか、なしか?

カフェに
行く

  • 友の会会員 前売券
    2,000円
  • 友の会会員 当日券
    2,500円
  • 一般 前売券
    2,500円
  • 一般 当日券
    3,000円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円

【イベント概要】

28歳の古市と、42歳の東。2人の初めての対談、テーマはずばり「ダークツーリズム」!

初顔合わせの『朝まで生テレビ!』(2012年2月)では、見解の対立から険悪(?)な空気だった2人だが、ともに「旅行好き」という共通点がある。古市はピースボートでの世界一周(『希望難民ご一行様』)に加え、新著『誰も戦争を教えてくれなかった』では、沖縄や南京、アウシュヴィッツなど、世界各地の戦跡や展示施設を訪問している。

東は最新刊『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』で、悲劇の地を巡る「ダークツーリズム」の観点から、立入禁止区域近郊を歩いたばかり。また現在連載中の旅行エッセイ「検索ワードをさがす旅」(『星星峡』)では、かつてアウシュヴィッツを訪れ、土の中に埋まった大量の人骨に深い衝撃を受け、「人生を変える旅」になったと述懐している。

チェルノブイリやアウシュヴィッツといった世界史的な悲劇の舞台を「観光」することの意義とはなにか?
そして福島を観光地化するという東のプランを、古市はどう評価するのか?

世代も専門も違う2人の旅人が、それぞれの経験とその意義をぶつけあう!

古市憲寿 Noritoshi Furuichi

1985年生まれ。東京都出身。専攻は社会学。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員(上席)。有限会社ゼント執行役。
著書に『希望難民ご一行様』(光文社新書)、『絶望の国の幸福な若者たち』、『僕たちの前途』(以上講談社)、上野千鶴子との対談集『上野先生、勝手に死なれちゃ困ります』(光文社新書)など多数。
2013年8月、国内外の戦跡や戦争博物館をテーマとする『誰も戦争を教えてくれなかった』(講談社)を刊行。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)ほか多数。

カフェに
行く

  • 友の会会員 前売券
    2,000円
  • 友の会会員 当日券
    2,500円
  • 一般 前売券
    2,500円
  • 一般 当日券
    3,000円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2015/07/02 19:00
タイムシフト視聴終了
2015/07/09 18:00