原子力災害の現実を見る 富岡&小名浜復興支援ツアー

カフェに
行く

  • 友の会会員
    23,000円+税

http://genron-exhibitions.tumblr.com/post/88479839836

【イベント概要】
原子力災害の現実を見る富岡&小名浜復興支援ツアー

ツアー開催日:2014年8月2日(土)
集合場所:東京駅 丸の内側 丸ビル前
ツアー代金:23000円+消費税
夕食(鳥藤本店お弁当)付き
ガイド:藤田大
ふたば商工株式会社 旧警戒区域視察研修事業
同行:東浩紀
協力:H.I.S.
募集人数:17名(定員に達したため締め切りました)

※ 本ツアーはゲンロン友の会第5期会員向けの限定ツアーです。申し込み開始時点で第5期会員に入会または更新されていない方はご参加になれません。
※ 本ツアーには未成年(満20歳未満)のかたは参加できません。

藤田大さんからのメッセージ

2011.3.11 あの日から私たちの生活は一変してしまいました。
何とかして普通の暮らしに戻すために、私たちは壁にぶつかりながらも格闘を続けてきました。2013.5.10から始めたこのツアーもいくつかの壁を乗り越えるためにボランティアレベルで続けていくつもりでしたが、参加した方の口コミでどんどん広がり、私だけでも300人を超える方をご案内しています。私たちが生まれ育ち、生活を築いてきた、自然の恵みと人の温かさが溢れる双葉地方は、原発事故によって放射能汚染され、3年たった今なお、人が住むことを許されていません。
東日本大震災の爪痕、原発事故による放射能汚染の実態、避難者がどのような想いで避難生活を送っているのか・・・。マスコミでは報じられない旧警戒区域の真実を五感で感じ取ってください。

スケジュール:

07:00 東京駅集合
10:30 道の駅よつくら港にて藤田大氏と合流
藤田氏については『福島第一原発観光地化計画』にインタビューが掲載されています

10:40-11:15 道の駅よつくら港のフードコートにて昼食(各自)
11:30 富岡入り
毛萱地区~津波被災および除染廃棄物の仮置き場
富岡駅~津波被災
富岡川河口付近~津波被災のパトカー
富岡第一小学校~除染の効果と限界
観陽亭~津波被災と福島第二原発
役場庁舎~ホットスポット
桜並木~帰還困難区域のバリケード
商店街~311のまま
鳥藤本店~警戒区域になってしまった建物の現状

15:00 スクリーニング
16:00 鳥藤本店仮店舗にてお弁当を受け取り、小名浜へ
17:00 UDOK.訪問、主宰者の小松理虔氏との意見交換会
小松氏は現在『ゲンロン観光地化メルマガ』で「浜通り通信」を連載中です

17:30 UDOK.出発、東京へ
途中高速ICで各自夕食:鳥藤本店のお弁当があります

21:00 東京五反田ゲンロンカフェ前着、解散

※ 東京ではなく現地での合流をご希望のかたは、11時までに道の駅よつくら港においでください。連絡先の携帯番号などを追ってお知らせいたします。
※ 現地合流の場合も東京からバスの座席を確保させていただくことになるため、ツアー料金は東京発と同額になります。
※ ツアールートは昨年ゲンロンが行った富岡町取材をほぼ踏襲しています。空間放射線量については『福島第一原発観光地化計画』(ゲンロン刊)掲載のSafecastマップをご参照ください。

20140802-1
いまも津波の爪痕が残る富岡駅

20140802-2
太平洋から昇る朝日が美しいと評判だった観陽亭

20140802-3
帰宅困難区域との境界を示すバリケード 富岡町夜ノ森

20140802-4
いわき市小名浜にあるオルタナティブスペース UDOK.

キャンセルポリシー:
イ 旅行開始日の前日から起算してさかのぼって二十日目(日帰り旅行にあっては十日目)に当たる日以降に解除する場合(ロからホまでに掲げる場合を除く。)
旅行代金の20%以内

ロ 旅行開始日の前日から起算してさかのぼって七日目に当たる日以降に解除する場合(ハからホまでに掲げる場合を除く。)
旅行代金の30%以内

ハ 旅行開始日の前日に解除する場合
旅行代金の50%以内

ニ 旅行開始当日に解除又は無連絡不参加の場合
旅行代金の100%以内

【イベント後記】

http://genron-exhibitions.tumblr.com/post/93681104231/2014-8-2-3

当日のtweetのまとめはこちら

カフェに
行く

  • 友の会会員
    23,000円+税

友の会入会はこちらから