愛国コンテンツの未来学#1日本のコンテンツは再びナショナリズムに飲み込まれるか──『日本の軍歌』(幻冬舎新書)刊行記念

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    823円

★予約特典キャンペーン実施中!★
登壇者の御厚意により、予約参加された方の特典としてポストカード1枚を受付でお配りします。
4種類からお好きなものをお選びください。

1. オーストリア、ブラウナウのヒトラー生家
2. オーストリア、ブラウナウの町並み
3. イギリス、ハイゲイト墓地のマルクスの墓
4. イギリス、サンドハースト王立陸軍士官学校オールドカレッジ

【イベント概要】

近年、日本では政治とエンターテインメントが急速に結びつきつつある。

4月に幕張メッセで開かれた「ニコニコ超会議3」というイベントに、安倍晋三首相が足を運んでアニメ柄の街宣車の上から演説したのは、そのシンボルといえる。

その他、椎名林檎のサッカー応援歌「NIPPON」や、AKB48の島崎遥香が出演した自衛官募集のCM。また「ガールズ&パンツァー」や「艦隊これくしょん」など「萌えミリ」と呼ばれるオタク向けコンテンツと自衛隊とのコラボ。

更に、「愛国ポルノ」とも呼ばれる「嫌韓」「嫌中」「日本賛美」本の氾濫、石田衣良のいう「右傾エンタメ」の流行、ドラマ「HERO」と文部科学省の道徳教育とのタイアップなど、このような事例は枚挙にいとまがない。

果たして、「クールジャパン」のコンテンツはこのまま政治に飲み込まれるのだろうか? それともこれらは一過性の現象に過ぎないのだろうか? あるいはこのような現象は本当に「右傾化」なのだろうか、それともどこの国にも見られるものに過ぎないのだろうか?

本イベントでは、この問題を軍歌研究の視点から考え直したいと思っている。
なぜ軍歌か。
それは軍歌がかつて日本史上最大の政治的エンターテインメントだったからだ。軍歌というと「軍部が押しつけた音楽」というイメージがあるかもしれない。しかし、最新の音楽史研究を踏まえると、実は民間企業が儲けのため進んで時局に便乗し、音楽コンテンツを軍歌一色に染め上げたという事実が見えてくる。つまり、日本のコンテンツ産業には、すでに一度ナショナリズムに自ら飛び込んだ経験があるのだ。

このイベントでは、近年目覚ましく進んだ音楽史研究の成果を参照しながら、史上最大の政治的エンタメである軍歌の歴史と構造を解明し、最終的に、今日の「クールジャパン」コンテンツの政治化の成否について考えてみたいと思っている。
また、北朝鮮など海外調査に赴いた成果についても、国際比較のため、映像や写真を交えながら報告したい。「政治とエンタメ」の関係という一貫した軸の中で見れば、我々の身近にあるコンテンツの見え方もきっと変わってくるだろう。

※なお、現在以下のサイトで新刊に関連した連載をしているので、ご興味のある方はそちらも参照されたい。
「軍歌を見れば、日本がわかる」(幻冬舎plus)

 

【イベント後記】

辻田真佐憲 Masanori Tsujita

1984年大阪府生まれ。文筆家、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科中退。2011年より執筆活動を開始し、現在、政治・戦争と文化芸術の関わりを研究テーマとしている。著書に『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』、『ふしぎな君が代』『大本営発表』『天皇のお言葉 明治・大正・昭和・平成』(以上、幻冬舎新書)、『空気の検閲~大日本帝国の表現規制~』(光文社新書)『愛国とレコード 幻の大名古屋軍歌とアサヒ蓄音器商会』(えにし書房)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)などがある。歴史資料の復刻にも取り組んでおり、監修CDに『日本の軍歌アーカイブス』(ビクターエンタテインメント)、『出征兵士を送る歌 これが軍歌だ!』(キングレコード)、『日本の軍歌・軍国歌謡全集』(ぐらもくらぶ)などがある。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2015/10/01 00:00
タイムシフト視聴終了
2016/05/31 00:00
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    823円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2015/03/01 00:00
タイムシフト視聴終了
2015/04/30 23:59
放送開始
2014/09/21 19:00
タイムシフト視聴終了
2014/09/28 18:00