さやわか式☆現代文化論#18京都アニメーションの目

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • レンタル(7日間)
    600円
  • 購入(無期限)
    1,200円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【登壇者より】

2000年代に台頭し、圧倒的な質の高さから人気を博していった京都アニメーションによる作品群。その作品履歴を見ていると、物語と作画技術が渾然一体となって時代性に立ち向かう制作会社の姿を見ることができる。

京アニはなぜセカイ系を描いたのか? それはいつ終わったのか? 空気系と呼ばれた時代には空虚な物語しか描かれなかったのか? なぜ彼らが古典部シリーズを映像化する必然があったのか? そして自社原作作品を経て、「響け!ユーフォニアム」へ。あるいは「MUNTO」とは何だったのか。

京都アニメーションの作品を過去から紐解きながら、アニメーション表現の現在について語ります。京都アニメーションの「目」を辿りながら歴史を眺めよう!
(さやわか)

【イベント後記】

さやわか Sayawaka

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。『クイック・ジャパン』『ユリイカ』などで執筆。『AERA』『ダヴィンチ』他で連載中。著書に『僕たちのゲーム史』、『一〇年代文化論』(星海社新書)、『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)、『キャラの思考法』(青土社)など。近著に『文学の読み方』(星海社新書)、『文学としてのドラゴンクエスト』(コア新書)、『僕たちのインターネット史』(亜紀書房、ばるぼらとの共著)、『名探偵コナンと平成』(コア新書)。マンガ原作に『キューティーミューティー』がある。2018年11月ゲンロンより、ひらめき☆マンガ教室第1期の講義をまとめた『マンガ家になる!』(西島大介との共編)を刊行。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • レンタル(7日間)
    600円
  • 購入(無期限)
    1,200円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2015/10/15 00:00
放送終了
無期限
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2015/10/01 00:00
タイムシフト視聴終了
放送開始
2015/08/01 00:00
タイムシフト視聴終了
2015/09/30 23:59
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2015/05/21 19:00
タイムシフト視聴終了
2015/05/28 18:00