チェルノブイリで学ぶロシア語#6過去や未来を話題にしてみよう!

カフェに
行く

  • 全8回(16課)ゲンロン友の会第6期会員
    38,984円
  • 全8回(16課)一般
    42,984円

 

【イベント概要】

旅に出たとき、その国の言葉をちょっとでも知っていると、楽しみがぐっと広がりますよね。「こんにちは」と「ありがとう」を言ってみる。看板や標識を読んでみる。通じたときや読めたときの喜びは、旅の醍醐味のひとつ。ゲンロンのチェルノブイリツアーでは、レクチャーや意見交換の機会も多く、たくさんのひとと出会います。また、キリル文字を目にする機会も多くあります。旅に出る前に、ちらっと言葉の準備をしてみませんか。また、すでに行った方、いつか行きたいと思っている方も大歓迎です。
Чернобыль – 「チェルノブイリ」という地名は、ロシア語で書くとこうなります。(ウクライナ語ではЧорнбильです)。ч, б, ы, л, ьと、英語のアルファベットにはない、記号のような文字がたくさん使われていますよね。ロシア語は「キリル文字」と呼ばれる、33個のアルファベットからできています。

20150723-1
ウクライナ語で書かれたチェルノブイリの標識
現代のグラフィックデザインが、ロシア・アヴァンギャルドの構成主義に多くを負っていることはあまりにも有名ですが、ロシア文字はとにかくかっこいい。けれども読み方を知らないと、どう発音するのか、なにが書かれているのか、まったく想像もつきません。
とはいえ、文字数はたったの33個。これを覚えてしまえば、ロシア・ウクライナだけでなく、スラブ圏や旧ソ連圏の旅で、さまざまなものが読めるようになります。今回の講座では、まずはキリル文字を読めるようになり、旅先で出会う標識や看板を解読できるようになります。また、挨拶、そして簡単な会話を基本文法とともに学びます。
各日文法1時間、会話1時間×8日間の授業で、旅に行ったときに、ロシア語を読み、書き、話せるようになりましょう。

 

【カリキュラム】

    • 7/23

第1課 [文法]キリル文字を読んでみよう、キリル文字で書いてみよう!
第2課 [会話]挨拶と自己紹介「こんにちは。わたしはサーシャです」
Здравствуйте ! Меня зовут Саша.

    • 7/30

第3課 [文法]地名を読んでみよう!
第4課 [会話]「これはなんですか?」「これはチェルノブイリ原発です」「ここはプリピャチですか?」「入り口はどこですか?」
-Что это? – Это ЧАЭС.
Здесь Припять?
Где вход?

    • 8/6

第5課 [文法]ものの名前には「性」がある?
第6課 [会話]「新石棺は巨大です」「自然は美しいです」「チェルノブイリは寒いです」
Новый саркофаг огромный.
Природа красивая.
Холодно в Чернобыле.

    • 8/13

第7課 [文法]動詞を使ってみよう!
第8課 [会話]「なにをしているのですか?」「ガイドブックを読んでいます」「チェルノブイリに住んでいるのですか?」「キエフに住んでいます」
-Что вы делаете?
-Я читаю путеводитель.
-Вы живете в Чернобыле?
-Нет, я живу в Киеве.

    • 9/3

第9課 [文法]ドリンクを注文をしてみよう!(動詞の命令形)
第10課 [会話]「ビールをください」「いくらですか」「値段を書いてください」
Дайте пиво!
Сколько стоит?
Напишите, пожалуйста, цену.

    • 9/10

第11課 [文法]過去や未来を話題にしてみよう!
第12課 [会話]「昨日はチェルノブイリ博物館に行きました」「忘れ物はないですか」「明日も来てくれますか?」
Вчера мы были в музее Чернобыль.
Ничего не забыли?
Завтра вы будете с нами?

    • 9/17

第13課 [文法]旅の印象を分かち合おう!
第14課 [会話]「ボルシチが気に入ってます」「またウクライナに来たいです」「日本に遊びにきてください」
Мне нравится борщ.
Я хочу снова приезжать в Украину.
Приезжайте к нам в Японию.

    • 9/24

第15課 [文法]Skypeで現地のひととコミュニケーションを取ってみよう-1(会話の準備)
第16課 [会話]Skypeで現地のひととコミュニケーションを取ってみよう-2
ゲスト講師:アレクサンドル・シロタ(Skype参加)

※ 講義の内容は授業の進度や受講生の要望に応じて変更になることがあります。

上田洋子 Yoko Ueda

撮影=Gottingham
1974年生まれ。ロシア文学者、ロシア語通訳・翻訳者。博士(文学)。ゲンロン副代表。早稲田大学ほか非常勤講師。著書に『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β4-1』(調査・監修、ゲンロン、2013)、『歌舞伎と革命ロシア』(編著、森話社、2017)など。翻訳書に『瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集』(共訳、松籟社、2012)、展示企画に「メイエルホリドの演劇と生涯:没後70年・復権55年」展(早稲田大学演劇博物館、2010)など。

カフェに
行く

  • 全8回(16課)ゲンロン友の会第6期会員
    38,984円
  • 全8回(16課)一般
    42,984円

友の会入会はこちらから