地域アートは自由の夢を見るか?──藤田直哉編著『地域アート』刊行記念イベント

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • レンタル(7日間)
    600円
  • 購入(無期限)
    1,200円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

※本イベントの開始時刻は19:30です。通常のイベントと異なりますのでご注意ください。

 

【イベント概要】

越後妻有の「大地の芸術祭」や、横浜トリエンナーレなど、日本各地で展開され注目を集める「地域アート」。
しかしその実態とはどのようなもので、日本の美術史においていかなる意義があり、どんな課題に直面しているのかは、いまだ十分に語られていない。
今年3月に刊行された『地域アート』(堀之内出版)は、会田誠や田中功起といった美術家から星野太や加治屋健司等の研究者まで多様な寄稿者を迎え、「地域アート」の実際に迫っている。

本イベントでは、ゲンロンで「新芸術校」を運営する東浩紀が、編著者で批評家の藤田直哉、「エステティック・コンディション」(『地域アート』所収)で、藤田とともにアートと政治/制度について語った美術作家の藤井光を迎える。この国の「地域アート」を取り巻く現状と、来たるべき未来の姿とは。

【登壇者より】

瀬戸内国際芸術祭には、100万人近くの来場者があったと言われている。日本の各地で、地域名を関した芸術のイベント「地域アート」が盛んだ。

しかし、そこには問題が存在する。芸術は――いや、全ての表現は、ぼくらの「感性・認識」を構成する。それは、ある政治的な方向性に人々を誘導する装置にも使えるし、それに対する抵抗にも使えるのだ。「芸術」は、「地域」に関わること、そして助成金などの公的な資金に頼ることで、首根っこを捕まえられたような状態である。「美」という表面の快楽の背景に、熾烈な闘争が隠されている。「この世界をどのようなものとして感じ、認識させるか」「別の世界への想像力をどう作り出すか」などの苛烈な闘争が起こっている。

そこには、権力からの圧力や検閲すら作動している。『地域アート』は、「美学」のみならず、それに影響を与える「制度」の具体的な作動に注目した本でもあった。今回のトークショーでは、「権力の作動」について、作品を制作をする上で様々な「規制」に直面してきた藤井光氏——『地域アート』でも権力の作動を語ってくれた――と、「炎上」などの「下からの検閲」とも戦い、公共や巨大資本のお金に頼らない自律した言説の領域を確保しようとしてきた東浩紀氏と、『地域アート』編者である藤田直哉との三人で、「地域アート」を含む現代日本の芸術が、同時代の日本の課題を背負い、検閲や圧力などと戦いながら、「自由」「解放」「別の在り方」を想起させるという、「新しい美学」の中に巻き込まれている状況について、同じ表現者として共闘の方法を探ることになるだろう。

ことは「美術」の話だけに留まらない。報道規制、あるいはオタク・カルチャーへの弾圧など、様々な現代日本の問題を潜在的に含んでいる。ここでは「美術」の話をすることになるが、それは同時に、現代日本の表現を巡る危機的な状態に対する「抵抗」の、ひとつのモデルを提供することになるはずだ。(藤田直哉)

『地域アート』(堀之内出版)
20160609-1

 

【イベント後記】

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

藤井光 Hikaru Fujii

1976年東京都生まれ。美術家・映画監督。芸術は社会と歴史と密接に関わりを持って生成されていることに基づき、既存の制度や枠組みに対する問いを実証的に検証する作品を制作している。パリ第8大学美学・芸術第三期博士課程DEA卒業。近年では、『爆撃の記録』(東京都現代美術館「MOTアニュアル2016 キセイノセイキ」展)、『帝国の教育制度』(森美術館「六本木クロッシング2016」展)を発表。監督作品に『ASAHIZA人間は、どこへ行く』(ASAHIZA製作委員会、2013年)、『プロジェクトFUKUSHIMA!』 (PROJECTFUKUSHIMA製作委員会、2012年)がある。

藤田直哉 Naoya Fujita

1983年札幌市生まれ。SF・文芸評論家。東京工業大学大学院博士課程修了。著書に『虚構内存在――筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉』(作品社、2013年)、『3・11の未来――日本・SF・想像力』(編著、作品社、2011年)、『21世紀探偵小説――ポスト新本格と論理の崩壊』(共著、南雲堂、2012年)『ポストヒューマニティーズ――伊藤計劃以後のSF』(共編著、南雲堂、2013年)など多数。2016年3月、編著書『地域アート――美学/制度/日本』(堀之内出版)を刊行。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)ほか多数。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • レンタル(7日間)
    600円
  • 購入(無期限)
    1,200円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2017/07/27 00:00
放送終了
無期限
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2017/11/01 00:00
タイムシフト視聴終了
無期限
放送開始
2017/05/12 18:00
タイムシフト視聴終了
2017/05/19 18:00
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2016/06/09 19:00
タイムシフト視聴終了
2016/06/16 18:00