ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 第2期#2批評再生塾第1期を総括せよ──批評

ネットで
見る

  • [講義]チャンネル会員
    無料
  • [講評]一般
    無料

〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉の講義を生中継します。
「講義」部分の視聴はゲンロン完全中継チャンネルの会員の方限定となります。

「講評」部分の中継は一般の方でもご視聴いただけます。
「講評」部分については、タイムシフトを公開しません。あらかじめご了承ください。

 


 


 

【課題】

批評再生塾第1期を総括せよ

批評の歴史は否定の歴史である。新人は必ず先行者を批判して現れる。その否定の連続が批評というジャンルを特徴づけている。創作の世界ならば、新たな才能が、先行者の仕事とは無関係に、ふいっと素知らぬ顔で現れることも可能だろう。けれども批評ではそうはいかない。批評家は先人を批評することを運命づけられている。なんといっても、批評家は批評が仕事なのだから。

というわけで、批評再生塾第2期に応募してきた諸君には、まずは第1期生を批評することから始めてもらいたいと思う。去る3月、批評再生塾は、第1期代表として吉田雅史・上北千明(川喜田陽)の2名を商業誌へ送り出すことを決定した。彼らの論文はネットでいまも読める。そのどちらかを選び、熟読したうえで、批評文を記すこと。単に個別の主張を論難するだけではなく(それもあるていど必要だが)、彼らを優秀者として送り出した批評再生塾の思想や運営、それそのものの批判に届く議論を見せてもらいたい。

繰り返すが、批評家の仕事は批評である。その対象にはむろん自らも含まれる。自己批評のない批評家は必ず堕落する。批評再生塾生であるということは、たえず批評再生塾の価値を疑い続けるということなのだ。

 

【イベント後記】


 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

 

 

school_logo_large2

ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 – ゲンロンスクール

ゲンロン 佐々木敦 新・批評家育成サイト

ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 – Facebook

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

佐々木敦 Atsushi Sasaki

撮影=新津保建秀
1964年生まれ。批評家。HEADZ主宰。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉主任講師。『即興の解体/懐胎』(青土社)、『ex-music(L)』『同(R)』(アルテス・パブリッシング)、『「4分33秒」論』(Pヴァイン)、『シチュエーションズ』(文藝春秋)、『批評時空間』(新潮社)、『未知との遭遇』(筑摩書房)、『ニッポンの思想』、『ニッポンの音楽』(講談社現代新書)、『あなたは今、この文章を読んでいる。』(慶應義塾大学出版会)、『ゴダール原論』(新潮社)、『例外小説論』(朝日新聞出版)、『ニッポンの文学』(講談社現代新書)、など著書多数。近著に『未知との遭遇【完全版】』(星海社新書)、『筒井康隆入門』(星海社新書)、『新しい小説のために』(講談社)がある。

ネットで
見る

  • [講義]チャンネル会員
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2016/06/22 19:30
タイムシフト視聴終了
2016/06/29 18:00
  • [講評]一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2016/06/22 21:30
タイムシフト視聴終了
2016/06/22 23:59