写真で振り返るチェルノブイリの旅──ゲンロン H.I.S. チェルノブイリツアー 事後ワークショップ

【イベント概要】

ゲンロン H.I.S. チェルノブイリツアーを事後ワークショップを行います。入場はツアー参加者のみとなります。ご了承ください。

ゲンロン H.I.S. チェルノブイリツアー – ゲンロンスクール

 

【イベント後記】

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

新津保建秀 Kenshu Shintsubo

写真家。映像・写真・フィールドレコーディングによる制作を行う。
著書:『\風景』(角川書店)、『Rugged TimeScape』(共作、FOIL)、個展:2014 「アーカイブ / 余白 / 建築」(ソニーイメージングギャラリー銀座)、2013 「チェルノブイリマテリアルズ」(オンサンデーズ) 、グループ展:2015 「カメラのみぞ知る|The camera knows everything」(TALION GALLERY)、2015 「文化庁海外メディア芸術祭等参加事業 企画展 クリプトビオシス:世界の種」(ELASAR SUNARYO art space、インドネシア)など。

大山顕 OHYAMA Ken

フォトグラファー/ライター。1972年11月3日生まれ。1998年千葉大学工学部修了。研究テーマは工場構造物のコンバージョン提案。工業地域を遊び場としてきた生い立ちがこの論文に結実。卒業後松下電器株式会社(現Panasonic)に入社。シンクタンク部門に10年間勤めた後、フォトグラファーとして独立。出版、イベント主催などを行っている。
主な著書に『工場萌え』『団地の見究』(共に東京書籍)『ジャンクション』(メディアファクトリー)、『ショッピングモールから考える——ユートピア・バックヤード・未来都市』(東浩紀との共著、幻冬舎新書)など。2017年4月より『ゲンロンβ』にて「スマホの写真論」を連載している。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

上田洋子 Yoko Ueda

撮影=Gottingham
1974年生まれ。ロシア文学者、ロシア語通訳・翻訳者。博士(文学)。ゲンロン代表。早稲田大学非常勤講師。著書に『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β4-1』(調査・監修、ゲンロン、2013)、『瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集』(共訳、松籟社、2012)、『歌舞伎と革命ロシア』(編著、森話社、2017)、『プッシー・ライオットの革命』(監修、DU BOOKS、2018)など。展示企画に「メイエルホリドの演劇と生涯:没後70年・復権55年」展(早稲田大学演劇博物館、2010)など。