【入場無料!!】批評再生塾第4期キックオフ&第3期大反省会!!!!!!──ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 第4期 募集説明会

ネットで
見る

  • 一般
    無料
  • 一般
    無料

本イベントはゲンロンカフェ主催のトークイベントとして開催予定でしたが、<ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾>第4期募集開始に伴いまして、その募集説明会として、入場無料に変更をさせていただきます。

既にチケット販売サイト Peatix にてお申し込みの方には返金のお手続きをさせていただきました。

ご予約不要、入退場自由になっております!!
また当日、会場にて批評再生塾第4期のお申し込みも可能です!!
講義や内容に関してのご質問なども気軽にできますので、どうぞ皆さま足をお運びください!!

 

【イベント概要】

ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾>第4期、2018年6月開講!

4月13日、圧倒的熱気のうちに最終講評会を終えた<批評再生塾>第3期。
選考委員の松浦寿輝・宇川直宏両氏も「レベルが高い」と太鼓判を押す高水準の論考が揃い、深夜に及ぶ伝説的な討議を経て「チェルフィッチュ(ズ)の系譜学」の渋革まろんが3代目総代に、「アートとしての病、ゲームとしての健康」の太田充胤が新設の「副総代」に輝いた。

受講生による新たな批評誌『ロカスト』の立ち上げが宣言されるなど、今後の活躍にも期待が集まる第3期。
しかしなぜ、第3期はここまでの盛り上がりを生むことができたのか?

2015年に始まった批評再生塾。
その歴史を主任講師・佐々木敦が、横山宏介(第1期優秀賞/弊社新入社員)作成による資料や、第1期総代吉田雅史・第3期総代渋革まろん、そしてその他出身者たちとともに振り返り、第4期に向けてテンションを高めるお祭り的イベント!

受講希望者、OB、OG、ウォッチャーは全員集合!!!!

 

 
説明会の様子は、ニコニコ生放送にて無料生中継を予定しています。

 

 

ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 第4期

主任講師:佐々木敦
ゲスト講師:内野儀、大澤聡、大澤真幸、黒瀬陽平、鴻巣友季子、さやわか、高橋源一郎、千葉雅也、土居伸彰、tofubeats、濱口竜介、平田オリザ、宮台真司、渡邉大輔、東浩紀

募集期間 2018年5月2日(水)−2018年5月25日(金)

定員 
正規受講生 35名
聴講生 15名

受講料 
正規受講料 170,000円(税別)
聴講料 110,000円(税別)

※ゲンロン友の会第8期会員、2017年度新芸術校(第3期)受講生、批評再生塾(第3期)正規受講生・聴講生、SF創作講座(第2期)正規受講生・聴講生、ひらめき☆マンガ教室(第1期)受講生は割引が適用されます。いずれも5000円の割引となります。割引は併用できません。

 

school_logo_large2

ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 – ゲンロンスクール

ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 – Facebook

佐々木敦 Atsushi Sasaki

撮影=新津保建秀
1964年生まれ。批評家。HEADZ主宰。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉主任講師。『即興の解体/懐胎』(青土社)、『ex-music(L)』『同(R)』(アルテス・パブリッシング)、『「4分33秒」論』(Pヴァイン)、『シチュエーションズ』(文藝春秋)、『批評時空間』(新潮社)、『未知との遭遇』(筑摩書房)、『ニッポンの思想』、『ニッポンの音楽』(講談社現代新書)、『あなたは今、この文章を読んでいる。』(慶應義塾大学出版会)、『ゴダール原論』(新潮社)、『例外小説論』(朝日新聞出版)、『ニッポンの文学』(講談社現代新書)、など著書多数。近著に『未知との遭遇【完全版】』(星海社新書)、『筒井康隆入門』(星海社新書)、『新しい小説のために』(講談社)がある。

吉田雅史 Masashi Yoshida

1975年、東京生まれ。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉初代総代。批評/ビートメイク/ラップ。「MA$A$HI」や「Nejel Mongrel」のアーティスト名義で、8th wonder、Immigrate Us、My Best Friend Goblin (was $10…) 等のグループで活動。レーベルAphasic Tone主宰。『ゲンロンβ』に「アンビバレント・ヒップホップ」を連載中。主著に『ラップは何を映しているのか』(大和田俊之氏、磯部涼氏との共著)、訳書に『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』(ジョーダン・ファーガソン著/DU BOOKS)。Meiso『轆轤』プロデュース。

渋革まろん Marron Shibukawa

ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉3代目総代。演出家。座・高円寺劇場創造アカデミー4期修了。演出家としては、15年より街を散策して謎をはらんだ人間の身振りや行為を観察する「トマソン観察会」を月一開催。トマソンに感謝を捧げる「トマソンのマツリ」を年一開催。詳細はFacebookにて「トマソンのマツリ」で検索。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

ネットで
見る

  • 一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/05/16 00:00
放送終了
無期限
放送開始
2018/05/09 21:00
放送終了
2018/05/09 23:59
  • 一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/05/09 19:00
タイムシフト視聴終了
2018/05/09 23:59