【無料生放送】批評再生塾の危機と向き合いつつもデトロイトをクリアし圧倒的ゲーム脳と化した東浩紀がゲンロン8の圧倒的魅力を語りながらサインし続ける圧倒的番組。放送中の注文で書店より1週間早く届く!

ネットで
見る

  • 一般
    無料
  • 一般
    無料


『ゲンロン8 ゲームの時代』

 

【東浩紀サイン本キャンペーン中!】

『ゲンロン8』ご購入はこちらから!
https://genron.co.jp/shop/products/detail/160

5月28日(月)までのご注文には、もれなく東浩紀のサインがついてきます!
また、キャンペーン期間中のご注文については、一般書店での発売約1週間前の5月29日(火)より順次発送いたします!
宛名や日付のご希望も承ります。お問い合わせ欄にご記入ください。
(※ご指定のない場合は宛名は入りません。また、内容によってはご希望にそえない場合もございます。あらかじめご了承ください)

また、5月28日(月)までにゲンロン友の会第8期への新規入会をお申し込みいただいた場合でも、東浩紀のサイン入り『ゲンロン8』をお届けいたします。ぜひこの機会にゲンロン友の会へのご入会をご検討ください! ゲンロン友の会の詳細はこちらから。

 

A5判 本体342頁 2018年5月発行 ISBN:978-4-907188-25-2

【特集:ゲームの時代】

ゲームという新しい技術あるいはメディアは、いかに21世紀を生きるわたしたちの生と認識を規定しているのか。 その連関を探る、ゲンロン史上最大の大型特集!

井上明人・さやわか・黒瀬陽平・東浩紀による50ページ超の共同討議に加え、 『ペルソナ』シリーズを手がけた橋野桂、インディーズゲーム向けプラットフォーム「PLAYISM」を立ち上げたイバイ・アメストイへのインタビュー、 さらに吉田寛の「ゲーム的リアリズム」論、アレクサンダー・R・ギャロウェイの翻訳論文等を掲載。 そして特別付録には充実のゲーム史年表と膨大なキーワード集。
ロシアの批評誌『青いソファ』編集長エレーナ・ペトロフスカヤ、哲学者オレグ・アロンソンへのインタビューも特別掲載。 現代タイのカリスマ作家プラープダー・ユン、東アジア思想の精鋭・許煜(ホイ・ユク)など国際色豊かな連載も充実。

 

 

二一世紀の『侍女たち』を探して 東浩紀

特集 ゲームの時代

[共同討議]メディアミックスからパチンコへ――日本ゲーム盛衰史1991-2018 井上明人+黒瀬陽平+さやわか+東浩紀
[補遺]視点、計算機、物語――斜めから見るゲームの時代 黒瀬陽平+さやわか+東浩紀
[論考]メタゲーム的リアリズム 吉田寛
[論考]現代美術の起源――二重化された視覚の系譜 黒瀬陽平
[論考]ボタンの原理とゲームの倫理 さやわか
[論考]ゲームはどのように社会の問題となるのか 井上明人
[インタビュー]経験装置としてのJRPG 橋野桂 聞き手│さやわか+東浩紀
[インタビュー]ゲームは黒澤明を求めている イバイ・アメストイ 聞き手│黒瀬陽平
[コラム]日本国外のヴィジュアルノベル ランディ・アウ 訳│坂上秋成
[論考]ゲーム的行為、四つのモメント アレクサンダー・R・ギャロウェイ 訳・解題│松永伸司
[キーワード]ゲームの時代 一〇の論点(前) 今井晋
[付録]ゲームの時代1991-2018年表

特別掲載

[インタビュー]レーニン、収容所、ポストモダニズム――ロシア現代思想の最前線
 オレグ・アロンソン+エレーナ・ペトロフスカヤ 聞き手│東浩紀 訳│上田洋子

連載

[集中掲載]中国における技術への問い――宇宙技芸試論 序論(2) 許煜(ホイ・ユク) 訳│仲山ひふみ
[随筆]新しい目の旅立ち[第5回] プラープダー・ユン 訳│福冨渉
[論考]独立国家論[第7回] 都市か農村かで眺める連合赤軍事件 速水健朗

コラム

軍歌は世界をどう変えたか #9 湘南藤沢の鵠沼海岸と「義勇軍行進曲」 辻田真佐憲
タイ現代文学ノート #6 「文学賞」の終わり 福冨渉
賭博:夢:未来 #20 「信用」のセキュリティ・ホール 市川真人

創作

ディスクロニアの鳩時計 午後の部 Ⅶ 海猫沢めろん

English Translations and Abstracts

 

【イベント後記】

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

ネットで
見る

  • 一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/05/28 20:00
放送終了
無期限
  • 一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/05/28 20:00
タイムシフト視聴終了
2018/05/29 06:00