さやわかと大井昌和のニッポンのマンガ #1──2018夏の巻【四天王シリーズ #3】

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

さやわかさん、大井さんより、当日取り上げる予定の作品リストをいただきました!

ONE PIECE」 尾田栄一郎
サザンと彗星の少女」 赤瀬由里子
ラディアン」 トニー・ヴァレント
映像研には手を出すな!」 大童澄瞳

不滅のあなたへ」 大今良時
Dr.STONE」 原作・稲垣理一郎 マンガ・Boichi
転生したらスライムだった件」 原作・伏瀬 マンガ・川上泰樹 
タイムスリップオタガール」 佐々木陽子
ブラッドハーレーの馬車」 沙村広明
終末のワルキューレ」 構成・フクイタクミ 原作・ 梅村真也 作画・ アジチカ

行方不明だけどインスタだけ更新してる子がいるらしい」 しらこ

終末のハーレム」 原作・LINK 作画・宵野コタロー
はぐれアイドル地獄変」 高遠るい
名探偵コナン」 青山剛昌

 

【イベント概要】

去る3月、圧倒的トーク力によってひらめき☆マンガ教室開校の危機を華麗に救った、さやわか&大井昌和のマンガ批評家&作家コンビ。
その2人による待望のトークシリーズがついに開幕!
第1回のテーマは「このマンガがすごい!」「マンガ大賞」「文化庁メディア芸術祭マンガ部門」など、数あるマンガ賞の功罪と限界。
昨年の各マンガ賞受賞作を振り返りつつ、
受賞作を超えて、お2人がいま一番アツいと感じるマンガを続々と紹介いただきます。
マンガ賞のみならずマンガ界全体をぶった斬るようなトークが展開されること必至!
あなたの知らないマンガと出会い、マンガの最前線を体感できる夜になるはず。
マンガ批評はここで再起動する。
お見逃しなく!!

 

【登壇者より】

もう聞き飽きた言葉の一つが、マンガ業界・出版界の危機。マンガの危機に関する言葉は実は何度も繰り返された言葉であり、子どもマンガの危機、マンガはつまらなくなった、手塚治虫の死、有害図書、などなど。昨今はこれに産業としての危機感が加わった作家たちの声がSNSなどで散見されます。マンガの賞はこれらに対する回答、市場と作家を結ぶ方法を模索する動きとして、だからこそ10数年で一気に多くのマンガ賞ができたと思います。
そのためはじめは選出者たちの先見の明が試され期待されていた(選出方法の試行錯誤などがその表れのように感じます)。それは産業として発展したマンガ文化において、売上とは違う評価軸を作ろうとした試みだったと思いますし(その評価軸をまた売上に戻そうともした)、またマンガに対する批評的目線を生むきっかけになるという期待で見てました。
それが10年経ってどうなったか?これはいいなあ、というマンガの賞とは?そもそも面白いマンガとは何か?それをゲンロンカフェで、批評家でありマンガ原作者でもあるさやわかさんと一緒に語れる機会をいただけたことは、光栄で楽しみであります。
(大井昌和)

マンガ家はみんな、自分にとってのマンガの方法論と価値観を持っている。何が面白いか語らせれば、皆ビシビシと順序立てて、今どんなマンガがなぜ面白いのか、語ってくれる。そんな中でも、大井昌和さんはひときわ切れ味鋭いのだ。
第一、大井さんはマンガをすごく読んでいる。いや、マンガ家なのだから当たり前じゃないかと思うかもしれないが、あまりにも刊行点数が多いこのジャンル、面白そうなものを探し続けるだけでも大変なのだ。みんな何を読んだらいいかわからなくなり、マンガ賞頼りになって、あげくそのマンガ賞も何を選んでいるんだかよく分からないような時代になってしまった昨今、とにかくいま面白いマンガって何だよ、ということを全力で語る機会が必要だ。語るべきだ。語ろう。というわけで、そういう濃い時間にしたい。そのトークを聞いて、皆さんも、もちろんそれらのマンガを読もう。そしてまた新たに、マンガについて語りだそう。これはその、第一歩なのだ!
(さやわか)

 

【イベント後記】

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

さやわか Sayawaka

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。『クイック・ジャパン』『ユリイカ』などで執筆。『AERA』『ダヴィンチ』他で連載中。著書に『僕たちのゲーム史』、『一〇年代文化論』(星海社新書)、『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)、『キャラの思考法』(青土社)など。近著に『文学の読み方』(星海社新書)、『文学としてのドラゴンクエスト』(コア新書)、『僕たちのインターネット史』(亜紀書房、ばるぼらとの共著)。マンガ原作に『キューティーミューティー』がある。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/11/13 18:00
タイムシフト視聴終了
2018/11/20 18:00
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/07/13 19:00
タイムシフト視聴終了
2018/07/21 18:00