フリースタイル・人称・コミュニティ──ラップの言葉はどこから来て、どこに行くのか【四天王シリーズ #5】

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

さやわか氏の緊急参戦!?
イベント後半(21:00すぎ)、壇上に批評家のさやわか氏が参戦の予定です。
三者でラップを語り尽くす!!

▼ 吉田雅史氏からのコメントが届きました!

 
長い間積み上げて来たMCバトルの大会の歴史の蓄積に加え、近年の高校生ラップ選手権やフリースタイル・ダンジョンのヒットにより、韻を踏みながら相手をディスるというフリースタイル・バトルという形式は、かなり一般にまで広く知られるようになったと言えるでしょう。むしろ「ラップ」といったときに一般的に皆が思い浮かべるのは、そのようなスタイルかもしれません。

このバトル形式の普及によって、楽曲として発表される「書かれるリリック」を含む日本語のラップの歌詞内容やラップのスタイルも影響を受けることになります。それでは、バトルという形式がどのように、日本語のラップの言葉を、表現を変革してきたのでしょうか。ひいては、日本語のラップ形式の歌詞が増えたことで、「日本語の歌」においてどのような表現が可能となり、広がりを持ってきているのでしょうか。

一方、その元々の誕生時から、自慢話や特定の相手へのディスという成分を多分に含んでいるラップですが、勿論ラップのリリックはバトル形式のものばかりではありません。そしてフリースタイルの原義とは、文字通りーー自由なスタイルーーにバトルに捉われず、自由な発想で行われるもののはずです。実際に、バトル以外の形式を探求しようとするアーティストたちやイベントが、アメリカにも日本にも存在します。それではその際に駆使される自由な想像力は、どのような物語を紡ぐのでしょうか。

それを考える際のキーワードとして「人称」という言葉を挙げることができるでしょう。一人称で自分の経験を語るのが典型的なラップのリリックであり、それがどこまでリアルなものであるかが問われるのが、ラップというジャンルのひとつの特異性と言えます。しかしそれは、必ずしも自分の経験に基づいていなければならないのでしょうか。ラップのリリックも「歌の歌詞」の一部であるという大枠で考えたときには、自由な発想で、どんな人物の視点――あるいは人間以外の視点にもーーにも立ち、一人称で、あるいは三人称でフィクショナルな物語をリアルに描くことができるはずです。そのようなラップ表現の拡張を考えるときに、「フリースタイル」こそがひとつの発想の起点となるのではないでしょうか。

もっといえば、ラッパーはそのフィクショナルなリリックを書くだけではなく、文字通りラップをする存在です。そのときステージ上のラッパーは、多かれ少なかれ、一定の役柄/キャラクターを演じることになるでしょう。それでは、この一人称のラップは、演劇における役者の独白とは異なるのでしょうか。演劇のように、役柄を演じ、第三者が書いた戯曲をラップすることはあり得ないのでしょうか。もしあるならば、俳優とラッパーは何が違うのでしょうか。

そのようにラップ表現におけるリアルとフィクションについて考察する中で、ひとつの拠り所となるのがヒップホップのコミュニティの考え方です。アメリカにおけるヒップホップの誕生を見ていくと、ストリートやゲットー、そしてコミュニティという言葉が目に入ってきます。日本語のラップもその黎明期から、リアルなコミュニティの上に成立してきました。しかしその実態は、中々その外側からは見えにくいものかもしれません。それでは一体それは、どのようなものなのでしょうか。そしてこのヒップホップという思想を基盤にするコミュニティには、どのような可能性があるのでしょうか。

以上のような様々な疑問を手掛かりに、お話を伺うダースレイダー氏は、著書『バトル史から読み解く 日本語ラップ入門』にも明らかなように、日本におけるMCバトル/フリースタイルシーンの歴史全てにその黎明期から立ち会ってきた生き証人であり、アーティストとしての様々な活動を経て、現在はドラム、ベース、そしてMCというスリーピースバンドのベーソンズにて、従来の「ラップのリリック」や「ラッパー像」には全く収まりきらない自由な表現を追求しています。さらには、自身のレーベルを起点にヒップホップのコミュニティ成立にも尽力してきました。

そんなダースレイダー氏をお迎えした、絶対にゲンロンカフェでしか聞けない話が満載の本イベント。是非会場に足を運んでいただき、生の熱気を感じてください!(吉田雅史)

 
フリースタイル(ブーム)がラップにもたらしたものは何だったのかーー

『MCバトル史から読み解く日本語ラップ入門』で日本語ラップのヒストリーを紐解いたダースレイダー氏と、ゲンロンカフェ四天王のひとりでビートメイカーである、吉田雅史氏の対談を開催いたします。
トークのテーマは、「ラップの言葉」と「コミュニティ」。
ダースレイダー氏に、現場での証言を伺いながら、日本だけではなく、アメリカでのフリースタイルやバトルの歴史も参照し討議します。
日本語ラップとは何だったのか、そしてこれからどこへ行くのか。

イベントでは、ラップという表現で変化/進化する日本語と、日本語のラップの可能性、そしてヒップホップが培ってきたコミュニティの可能性を問います!!

* 来場者の方には、8月22日に発売されたアルバム FAKE? N’ MA$A$HI 『FORMULA』をプレゼントいたします!!
 

 

【イベント後記】

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

ダースレイダー DARTHREIDER

1977年、フランス・パリ生まれ。ロンドン育ち、東京大学中退。ミュージシャン、ラッパー。吉田正樹事務所所属。2010年に脳梗塞で倒れ、合併症で左目を失明。以後は眼帯がトレードマークに。3ピースバンド、ベーソンズのボーカル。NEWS RAP JAPAN(Abema TV)メインキャスター。著書に『MCバトル史から読み解く日本語ラップ入門』(KADOKAWA)、シンコーミュージック ヒップホップディスクガイドシリーズ。

吉田雅史 Masashi Yoshida

1975年、東京生まれ。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉初代総代。批評/ビートメイク/ラップ。「MA$A$HI」や「Nejel Mongrel」のアーティスト名義で、8th wonder、Immigrate Us、My Best Friend Goblin (was $10…) 等のグループで活動。レーベルAphasic Tone主宰。『ゲンロンβ』に「アンビバレント・ヒップホップ」を連載中。主著に『ラップは何を映しているのか』(大和田俊之氏、磯部涼氏との共著)。

さやわか Sayawaka

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。『クイック・ジャパン』『ユリイカ』などで執筆。『AERA』『ダヴィンチ』他で連載中。著書に『僕たちのゲーム史』、『一〇年代文化論』(星海社新書)、『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)、『キャラの思考法』(青土社)など。近著に『文学の読み方』(星海社新書)、『文学としてのドラゴンクエスト』(コア新書)、『僕たちのインターネット史』(亜紀書房、ばるぼらとの共著)。マンガ原作に『キューティーミューティー』がある。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/10/05 19:00
タイムシフト視聴終了
2018/10/12 18:00