漫画家として生きること──姫乃たま『周縁漫画界』(KADOKAWA)刊行記念イベント

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

姫乃たま氏の新著『周縁漫画界 漫画の世界で生きる14人のインタビュー集』(KADOKAWA)刊行を記念し、トークイベントを開催します!

⦅漫画に限らず時々、作家と作品は切り離して考えるべきだと言われるけど、私は切り離さないほうが面白いと思っています。作家本人が作品のイメージそのままでも、その反対でも、魅力的だからです。⦆
(姫乃たま『周縁漫画界』まえがき より)

姫乃氏は『職業としての地下アイドル』(朝日新聞出版)ではアイドルの実態を赤裸々に描き出し、好評を得ました。

本書で取り上げられるのは、作風も個性も違う、十人十色の第一線で活躍する漫画家たち。
多くの人々を笑わせ、唸らせ、熱くさせる漫画を世に生み出す漫画家たちは、日々なにを思い、どのような生活を送っているのでしょうか?
姫乃氏はやわらかな筆致で、表現者としての道のりや漫画に込める思いなど、漫画家たちの知られざる素顔に迫っていきます。

今回の対談のお相手には、同書で姫乃氏のインタビューを受けた、漫画家のしりあがり寿氏をお招きします。
書籍のなかでは、ギャグ漫画のもたらす笑いの効果や可能性について、お二人で考察をしています。

漫画家たちの世界を知ることで、漫画の新たな魅力を発見できるかも?
漫画ファンはもちろん、漫画家をはじめとしたクリエイターや表現者を志す皆さんは、超必見です!

 

【登壇者より】

「マンガが大きな影響力を持つにいたった今、それを作り出しているマンガ家にも様々な角度から関心が集まっています。とりわけ曲者の集まるビーム界隈。その中の一人として、姫乃さんに腑分けされるのが楽しみでたまりません。はたして何が出てくるか?ドベーッ」
(しりあがり寿)

「『コミックビーム 』の誌面で、三年に渡って漫画家さんのインタビューを続けてきました。私自身が漫画を描けないことから、技法よりも漫画家さんの生い立ちや、作品に影響を受けた出来事、本人の在り方、そしてどうして漫画を描くのかについて、著書では着目しています。当日はインタビューでは話しきれなかったお話をできるのが楽しみです」
(姫乃たま)

 

姫乃たま『周縁漫画界 漫画の世界で生きる14人のインタビュー集』(KADOKAWA)

 

【イベント後記】

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

しりあがり寿 Shiriagari Kotobuki

1958年静岡市生まれ。1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。

姫乃たま Tama Himeno

1993年2月12日、東京生まれ。16才よりフリーランスで始めた地下アイドル活動を経由して、ライブイベントへの出演を中心に、文筆業を営んでいる。音楽ユニット・僕とジョルジュでは、作詞と歌唱を手がけており、主な音楽作品に『First Order』『僕とジョルジュ』等々、著書に『職業としての地下アイドル』(朝日新聞出版)『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/11/07 19:00
タイムシフト視聴終了
2018/11/14 18:00