ミステリ評論の可能性──メフィスト評論賞創設記念イベント

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

講談社が主催する「メフィスト賞」は、広くエンターテイメント作品を対象とした公募文学新人賞。
理系ミステリの第一人者である森博嗣氏、「物語」シリーズをはじめ多彩にメディアミックス展開をしている西尾維新氏、直木賞作家の辻村深月氏、型破りな作風で熱狂的なファンを抱える舞城王太郎氏など、多岐にわたる個性的な人気作家たちを輩出してきた。
昨年には<ゲンロン 大森望 SF創作講座>第1期生の名倉編氏が『異セカイ系』で第58回受賞者となった。

この度、メフィスト賞から派生した「メフィスト評論賞」が創設された。
評論の題材は「メフィスト賞受賞作家の作品(メフィスト賞受賞作に限らない)」とされ、優秀と認められた評論は「メフィスト評論賞」となり、文芸誌『メフィスト』に掲載をされる。
応募要項には「メフィスト賞とからめた、ミステリー評論の枠を広げるような果敢な試みも歓迎します」と、次世代の評論家へ向けた鼓舞激励も添えられている。

選考委員は、作家・評論家の法月綸太郎氏と評論家の円堂都司昭氏。
メフィスト評論賞の創設にあたっては法月氏の働きかけがあったという。公式サイト掲載の円堂氏と法月氏の対談によると、法月氏は<ゲンロン 大森望 SF創作講座>にゲスト講師として招かれ、小説家志望の若者を鍛えていく場に触れたことが、評論の賞創設の契機になったそうだ。

ゲンロンカフェでは、円堂氏と法月氏をお招きして、メフィスト評論賞の創設記念対談イベントを開催する。
関わりが深いゲンロンの場だからこそ、メフィスト賞が日本のエンターテイメントにどのような影響を与えてきたのか、次世代の評論家に期待する新たなミステリ評論の可能性についてなど、両氏にじっくりと語ってもらう予定だ。

小説家や評論家を目指す人、メフィスト賞の受賞作家ファンは勿論、エンターテイメント小説の魅力にひかれる全ての人にとって必見のイベント!

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

法月綸太郎 Rintaro Norizuki

1964年、松江生まれ。京都大学法学部卒。在学中は京都大学推理小説研究会に所属。1988年に『密閉教室』(講談社)でデビュー。2002年「都市伝説パズル」で第55回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。2005年『生首に聞いてみろ』(角川書店)で第5回本格ミステリ大賞を受賞。2013年より本格ミステリ作家クラブの会長を務める。『頼子のために』(講談社)、『一の悲劇』(祥伝社)、『ふたたび赤い悪夢』(講談社)、『ノックス・マシン』(角川書店)など著作多数。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2019/01/24 19:00
タイムシフト視聴終了
2019/01/31 18:00