大森望のSF喫茶#31宮部みゆき『さよならの儀式』(河出書房新社)刊行記念イベント

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

2ヶ月連続開催のSF喫茶は、通算31回目にして初登場!
宮部みゆきさんをゲストにお迎えします。

7月刊行の短編集『さよならの儀式』は、
大森望責任編集によるアンソロジー『NOVA』掲載作を中心に編まれた新境地の一冊。

宮部さん自ら「これまでのような『なんとなくSF』ではなく、
『ちゃんとSF』を書こうと思いました」と語る本書を中心に、
ミステリ、時代小説、そしてSFと、
ジャンルを飛び越えて活躍する超人気作家の秘密に迫ります。

201612
宮部みゆき『さよならの儀式』(河出書房新社)

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

宮部みゆき Miyuki Miyabe

撮影:塔下智士
1960年、東京都生まれ。87年、「我らが隣人の犯罪」で第26回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。89年、『魔術はささやく』で第2回日本推理サスペンス大賞、92年、『龍は眠る』で第45回日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で第13回吉川英治文学新人賞、93年、『火車』で第6回山本周五郎賞、97年、『蒲生邸事件』で第18回日本SF大賞、99年、『理由』で第120回直木賞、第17回日本冒険小説協会大賞国内部門大賞、2001年、『模倣犯』で第55回毎日出版文化賞特別賞、02年、同作で第5回司馬遼太郎賞、第52回芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)、07年、『名もなき毒』で第41回吉川英治文学賞、08年、英訳版『ブレイブ・ストーリー』でアメリカ図書館協会バチェルダー賞を受賞。他の作品に『ソロモンの偽証』『英雄の書』『悲嘆の門』『小暮写眞館』『荒神』『この世の春』他、多数。

大森望 Nozomi Ohmori

1961年高知生まれ。書評家・SF翻訳家・SFアンソロジスト。〈ゲンロン 大森望 SF創作講座〉主任講師。著書に『21世紀SF1000』、『新編・SF翻訳講座』、《文学賞メッタ斬り!》シリーズ(豊崎由美と共著)、《読むのが怖い!》シリーズ(北上次郎と共著)など。アンソロジーに《NOVA 書き下ろし日本SFコレクション》《不思議の扉》の各シリーズのほか、『星雲賞SF短編傑作選 てのひらの宇宙』など。訳書にコニー・ウィリス『ブラックアウト』『オール・クリア』など多数。2013年には『NOVA』が第34回日本SF大賞特別賞を受賞。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2019/08/02 19:00
タイムシフト視聴終了
2019/08/09 18:00