SFを可能にする構想力と取材力──『嘘と正典』刊行記念イベント

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,700円
  • 友の会会員 前売券
    2,200円
  • 友の会会員 当日券
    2,700円
  • 一般 前売券
    2,700円
  • 一般 当日券
    3,200円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

第2長編ゲームの王国で山本周五郎賞と日本SFの大賞をダブル受賞、読書界の話題を席巻した小川哲の最新刊嘘と正典がこの9月に刊行される。
マジシャンが主人公の「魔術師」、競馬を題材とする「ひとすじの光」、CIA工作員による共産主義消滅のたくらみを描く表題作など、一作ごとに異なる題材に挑戦した多彩な短篇集だ。

SFは現実の先を行く想像力や飛躍が魅力のジャンルだが、それを支えるのは題材の歴史や現状に対する綿密なリサーチである。

『ゲームの王国』でポル・ポト時代のカンボジアを、その匂いまで伝わるように描写してみせた小川哲は、どのように作品を構想し、取材し、作品に落とし込んでいるのか。

近未来のネパールを舞台とする「サンギータ」で創元SF短編賞を受賞したばかりのアマサワトキオ、インド、ラオス、東ティモールなど各国を描く『うつくしい繭』でデビューした櫻木みわ
ゲンロン 大森望 SF創作講座>が生んだ2人の新鋭が、小川哲の作品世界の秘密に迫る。

201909
小川哲『嘘と正典』(早川書房)
 

【チケットのご購入】

小川哲 Satoshi Ogawa

1986年千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程退学。2015年に第3回ハヤカワSFコンテスト〈大賞〉を『ユートロニカのこちら側』で受賞し、デビューを果たす。2017年に第2長篇となる『ゲームの王国』を上梓し、同作で第38回日本SF大賞、第31回山本周五郎賞を受賞。

アマサワトキオ Tokio Amasawa

1985年滋賀県近江八幡市安土町生まれ。ゲーム制作会社勤務。ゲンロン大森望SF創作講座第1期および第2期受講生。同講座を経て第2回ゲンロンSF新人賞を「ラゴス生体都市」で受賞。2019年、第10回創元SF短編賞を「サンギータ」で受賞。『NOVA』2019年秋号に「赤羽二十四時」が掲載された。

櫻木みわ Miwa Sakuraki

写真提供=講談社(撮影:大坪尚人、ヘア&メイク:KOMAKI)
福岡県生まれ。大学卒業後、タイの現地出版社に勤務。日本人向けフリーペーパーの編集長を務める。その後、東ティモール、フランス、インドネシアなどに滞在し、帰国。2016年「ゲンロン大森望SF創作講座」を受講。第1回ゲンロンSF新人賞の最終候補に選出される。編集者の高い評価を受け、2018年12月、講座提出作を改稿した作品集『うつくしい繭』でデビュー。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,700円
  • 友の会会員 前売券
    2,200円
  • 友の会会員 当日券
    2,700円
  • 一般 前売券
    2,700円
  • 一般 当日券
    3,200円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2019/10/24 19:00
タイムシフト視聴終了
2019/10/31 18:00