ポップミュージックのレシピその2!──音楽を解体する

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,700円
  • 友の会会員 前売券
    2,200円
  • 友の会会員 当日券
    2,700円
  • 一般 前売券
    2,700円
  • 一般 当日券
    3,200円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

前回大好評だった、さやわか× 吉田雅史による実演型音楽トークイベント第二弾!
ポップミュージックの基本構造を聴覚的/視覚的に明らかにし、 人は音楽をどう楽しんでいるかを体感しながら明らかにする!

▼ さやわかさんからイベントに向けたコメントが届きました!

音楽のことがわからない!

という!あなたでも!
音楽の!ことが!わかるようになる!!イベント!!!

今年4月、大好評を博した、 あのイベントの第二弾がやってきたのだ!

なぜ、音楽を語る奴らは、コードのこととか、楽器のこととか、わかるのが当たり前みたいに話すのだろうか。いやですよね…… 彼ら。

しかし、我々にまかせろ!批評家にしてビートメイカー/ラッパーとして知られる吉田雅史。 そして同じく批評家としてアイドルから音響までごった煮状態で扱いまくる、さやわか。
この二人が、 音楽のことがさほどわからない人にもバッチリわかるように、イベントの会場でDAWをいじりながら、 最新の音楽がどのように作られ、どんなジャンルがあり、音楽好きは何に盛り上がってるのか、そのポイントを徹底解説します。

「いや、だからそのDAWっていうのが、もうわかんないってば」 という人も大丈夫!今回はさらに根掘り葉掘りいきたい!
「四つ打ちってなに?」「ベースってどの音?」みたいなことすらわかるイベントにしたい! このイベントに来れば、音楽がグングンわかるようになる!
つまり音楽を聴く人も増えるし、あなたの音楽の語り方も広がるし、音楽批評を読む人だって増えるイベントなんですよ。

こんなにいいイベントは、ないじゃないか!
みんなでわかろう!音楽!!
絶対に来てください!

(さやわか)

▼吉田さんからイベントに向けたコメントが届きました!

 前回のイベントは、ダンスミュージックの歴史を概観し、そのリズムやBPMの変化を中心に各ジャンルの文法を分析する試みでした。今回は、様々なジャンルの違いからポピュラー音楽を考えるのではなく、ひとつの楽曲という単位で根本的な構造を見直す機会にしたいと思います。僕たちが漠然と「この曲いいね!」と言うとき、一体なにを「良い」と感じているのでしょうか?楽曲のメロディや和音がその曲の核となるのは大前提として、ダンスミュージックの文法が浸透した現代のポップミュージックにおいては、むしろドラム、ベース、鍵盤といった各パートの文法が楽曲の快楽に寄与しているのではないでしょうか。「各パートでなにが起きているのか?」と、解像度を上げて楽曲に耳を傾けると、「この曲いいね!」は、「このベースラインの走り方が良いね!」や「サビのハットの裏打ちが良いね!」といった言葉が出てくるはずです。

 もうひとつ今回考えてみたいのは、「音質」についてです。特にエレクトリックミュージック全盛の現在は、従来の音楽の構成要素であるメロディ、ハーモニー、リズムのほかに、「音質」抜きに音楽を語るのは難しいのではないでしょうか。音質は、「ローファイ・ヒップホップ」というように、しばしばサブジャンルの名前にさえなります。それは、オーディオマニアと呼ばれる世界があるように、リスナーの側の再生環境の問題でもあります。でも今回考えてみたいのは、作り手が、なぜヴィンテージ機材を使うのか、わざとエフェクトで音を汚すのか、カセットテープの低音質で作品をリリースするのか、そして僕たちはなぜそれを心地よいと感じるのか、といった事がらです。

 本イベントでは、実際の楽曲だけでなく、PCの音楽制作ソフトや視覚的な図なども駆使して、音楽の構造を見ていきたいと思います。みんなで体を揺らしながら音楽の不思議について考えましょう!そして踊りましょう!

※取り上げるジャンルやアーティストについてはまた後日追記します。

(吉田雅史)

 

【チケットのご購入】

さやわか Sayawaka

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。著書に『僕たちのゲーム史』、『一〇年代文化論』『文学の読み方』(星海社新書)、『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)、『キャラの思考法』(青土社)など。近著に『文学としてのドラゴンクエスト』、『名探偵コナンと平成』(コア新書)。マンガ原作に『qtµt キューティーミューティー』(LINEコミックス、作画・ふみふみこ)。ひらめき☆マンガ教室第1期の講義内容は『マンガ家になる!』(西島大介との共編)にまとめられている。

吉田雅史 Masashi Yoshida

1975年、東京生まれ。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉初代総代。批評/ビートメイク/ラップ。「MA$A$HI」や「Nejel Mongrel」のアーティスト名義で、8th wonder、Immigrate Us、My Best Friend Goblin (was $10…) 等のグループで活動。レーベルAphasic Tone主宰。『ゲンロンβ』に「アンビバレント・ヒップホップ」を連載中。主著に『ラップは何を映しているのか』(大和田俊之氏、磯部涼氏との共著)、訳書に『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』(ジョーダン・ファーガソン著/DU BOOKS)。Meiso『轆轤』プロデュース。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,700円
  • 友の会会員 前売券
    2,200円
  • 友の会会員 当日券
    2,700円
  • 一般 前売券
    2,700円
  • 一般 当日券
    3,200円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2019/11/15 19:00
タイムシフト視聴終了
2019/11/22 18:00