【カンパ歓迎! おれたちは諦めないぞ!#3】コロナ時代のネトウヨはどうなる? 日本でもっとも愛国コンテンツに詳しい「右翼ウォッチャー」辻田真佐憲氏に東浩紀が聞く現在進行中の大変動。ほかヤバい雑談など。

ネットで
見る

  • 【その1】チャンネル会員
    無料
  • 【その1】一般
    500円
  • 【その2】チャンネル会員
    無料
  • 【その2】一般
    500円

【イベント概要】

新型コロナウィルス感染拡大によりゲンロンカフェでもイベント中止が続くなか、突如爆誕した無観客放送「おれたちは諦めないぞ!」シリーズ。

第3弾の今回は、文筆家・近現代史研究者の辻田真佐憲氏をお招きする。トークシリーズ「愛国コンテンツの未来学」、西田亮介氏との対談シリーズ「メディア戦略から政治を読む」などでもお馴染みの辻田氏だが、意外なことにゲンロンカフェで東浩紀と対談をするのは今回が初。

3月13日に新型コロナウイルス対策の特別措置法が成立し、総理大臣が「緊急事態宣言」を行うことが可能になった。著書『大本営発表』『空気の検閲』などで、戦中という非常時下における政治とメディア、文化の関係を考察してきた辻田氏は、いまの状況をどのように分析しているのか。政権与党の対応についてはもちろん、「右翼ウォッチャー」辻田氏による幅広い考察を伺う。

実は辻田氏はゲンロン友の会の古参会員でもあり、東とは旧知の仲。無観客をいいことに、雑談放談オンパレードの「おれたちは諦めないぞ!」シリーズなので、東がどんな質問を辻田氏に投げるか分からない…… ヤバい話は有料になってから! カンパも歓迎!

 
※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

辻田真佐憲 Masanori Tsujita

1984年大阪府生まれ。文筆家、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科中退。2011年より執筆活動を開始し、現在、政治・戦争と文化芸術の関わりを研究テーマとしている。著書に『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』、『ふしぎな君が代』『大本営発表』『天皇のお言葉 明治・大正・昭和・平成』(以上、幻冬舎新書)、『空気の検閲~大日本帝国の表現規制~』(光文社新書)『愛国とレコード 幻の大名古屋軍歌とアサヒ蓄音器商会』(えにし書房)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)などがある。歴史資料の復刻にも取り組んでおり、監修CDに『日本の軍歌アーカイブス』(ビクターエンタテインメント)、『出征兵士を送る歌 これが軍歌だ!』(キングレコード)、『日本の軍歌・軍国歌謡全集』(ぐらもくらぶ)、『古関裕而の昭和史 国民を背負った作曲家』 (文春新書) などがある。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

ネットで
見る

  • 【その1】チャンネル会員
    無料
  • 【その1】一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/03/17 20:00
タイムシフト視聴終了
2020/03/24 23:59
  • 【その2】チャンネル会員
    無料
  • 【その2】一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/03/17 22:10
タイムシフト視聴終了
2020/03/25 23:59