ニッポンの保守──2020年桜の陣

ネットで
見る

  • 購入(無期限)
    1,200円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【お知らせ(3/25更新)】

新型コロナウィルス感染の拡大防止のため、本イベントは放送のみ(会場は無観客)の開催と決定いたしました。ご来場を楽しみにされていたみなさまには、心よりお詫び申し上げます。ニコニコ生放送での配信にてお楽しみください。ご理解とご了承のほど、何卒よろしくお願いいたします。

番組では皆さまからの質問やお便りを募集します。
登壇者への質問、メッセージなどを下記の投稿フォームからお送りください。
番組の後半で、お寄せいただいた投稿をご紹介させていただきます。皆さまからの投稿お待ちしております。

★質問・お便り募集フォーム(クリックで開きます)

 

【イベント概要】

ゲンロン創業10周年記念!
令和元年を総括する怒涛のトークイベント、緊急開催決定!!!

令和時代の幕開けから約1年。
参議院選挙で巻き起こった「れいわ旋風」や消費増税、
「桜を見る会」をめぐる疑惑など、
政界では数々のトピックがめまぐるしく展開されてきた。

特に「れいわ旋風」は欧米の左派ポピュリズムに呼応する政治運動として、
既存のリベラル勢力に失望した多くの知識人を巻き込み、
大きなムーブメントを巻き起こした。

一方で野党勢力が政権交代の受け皿となるビジョンは一向に見込めず、
相次ぐ閣僚の辞任でも支持基盤は揺るぐことなく、
安倍首相が歴代最長の在職日数を更新し続けている。

大規模な台風被害、いまなお拡大を続ける新型コロナウィルスと、
まさに国難とも呼べる事態が次々に押し寄せるなか、
いま「ニッポンの保守」が本当に守るべき価値観はなにか。

2020年、東京オリンピック後に待ち受ける社会の展望を、
小林よしのり、三浦瑠麗、東浩紀が語り尽くす!!!

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

小林よしのり Yoshinori Kobayashi

1953年生まれ、福岡県出身。漫画家。大学在学中に描いたデビュー作『東大一直線』が大ヒット。代表作の一つ『おぼっちゃまくん』は社会現象となり、アニメ化もされた。92年より連載中の『ゴーマニズム宣言』では、世界初の思想漫画として社会問題に斬り込み、数々の論争を巻き起こしている。最近はネットでの言論も盛んに行ない、Webマガジン「小林よしのりライジング」やブログでの発言が注目されている。近刊に『天皇論「日米激突」』 (小学館新書)、『慰安婦』(幻冬舎)など。

三浦瑠麗 Lully Miura

国際政治学者。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、東京大学政策ビジョン研究センター講師を経て、株式会社山猫総合研究所代表。ブログ「山猫日記」主宰。単著に『シビリアンの戦争——デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)、『日本に絶望している人のための政治入門』(文春新書)、『「トランプ時代」の新世界秩序』(潮新書) 、『あなたに伝えたい政治の話』(文春新書) 、『21世紀の戦争と平和: 徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』、『孤独の意味も、女であることの味わいも』(ともに新潮社)。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

ネットで
見る

  • 購入(無期限)
    1,200円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/04/23 00:00
放送終了
無期限
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/03/28 19:00
タイムシフト視聴終了
2020/04/05 23:59