99.9%の生きものは絶滅!? コロナ流行のいま考える、人類の生き残り戦略!!──ベストセラー『わけあって絶滅しました。』の丸山貴史氏に、『理不尽な進化』の吉川浩満氏が聞く

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

ゲンロンαにイベントのレポート記事を掲載しています。ぜひお読みください。
記事URL= https://genron-alpha.com/article20200520_01/

【イベント概要】

新型コロナウィルスの全世界的な流行で、かつてない危機に直面している人類。
しかし、地球にはさらに受難の生きものたちがいました……

これまで地球に誕生した数え切れないほどの生きものたちの、なんと、99.9%は絶滅しているといいます。人類を含め、いま地球にいる生きものたちは、奇跡的にたまたま生き残っているだけかもしれません。

シリーズ70万部を超えるベストセラー『わけあって絶滅しました。』は、さまざまな理由で絶滅した生きものたちを紹介していく図鑑です。個性豊かな生きものたちが自ら絶滅の理由を語るというコンセプトで、子どもも大人も楽しみながら学べる本として、各種メディアでも多く取り上げられています。

今回は同シリーズの著者である丸山貴史氏をお迎えし、そんな受難の生きものたちについて掘り下げるとともに、われわれ人類がどのように絶滅から逃れ、生き残っていくかを考えていきます。

聞き手を務めるのは、文筆家の吉川浩満氏。著書『理不尽な進化』では「理不尽な」絶滅の視点から進化の歴史をひも解くことで、生命の問題を哲学的・思想的に探究し、大きな話題を呼びました。

子どもも大人も、文系も理系も必見! 絶滅と進化から考える「生き残り」対談!

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

201612
丸山貴史『わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑』(ダイヤモンド社)

201612
丸山貴史『続 わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑』(ダイヤモンド社)

201612
吉川浩満『理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社)

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

丸山貴史 Takashi Maruyama

1971年生まれ。図鑑制作者。株式会社アードバーク代表取締役。ネイチャー・プロ編集室勤務を経て、ネゲブ砂漠にてダチョウ牧場で働きながらハイラックスの調査に従事。『わけあって絶滅しました。』(ダイヤモンド社)、『ざんねんないきもの事典』(高橋書店)の執筆や、『生まれたときからせつない動物図鑑』の監訳、『世界珍獣図鑑』(人類文化社)、『ゴキブリだもん』(幻冬舎コミックス)、『ずかん さなぎ』(技術評論社)の編集など、多数の図鑑制作を手がけている。

吉川浩満 Hiromitsu Yoshikawa

文筆業。1972年生まれ。国書刊行会、ヤフーを経て、現職。関心領域は哲学・科学・芸術、犬・猫・鳥、卓球、ロック、単車、デジタルガジェットなど。
著書に『理不尽な進化——遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社)、共著に『脳がわかれば心がわかるか』(朝日出版社)、翻訳に『先史学者プラトン』『マインド 心の哲学』(山本との共訳)など。近刊に『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(河出書房新社、2018年7月)。

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/07/30 13:00
タイムシフト視聴終了
2020/08/06 23:59
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/05/15 19:00
タイムシフト視聴終了
2020/05/22 23:59