【放送限定!2時間番組】落語もクイズも新作に限る?──新作落語「雑学刑事」初めての生放送!! クイズ落語家・古今亭今輔に競技クイズ最強の男が聞く、落語とクイズのただならぬ関係

ネットで
見る

  • レンタル(7日間)
    500円
  • 購入(無期限)
    1,000円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円

ゲンロンαにイベントのレポート記事を掲載しています。ぜひお読みください。
記事URL= https://genron-alpha.com/article20200526_01/

 

【イベント概要】

こんにちは。
ゲンロンの徳久です。

私はクイズが趣味なのですが、新型コロナウイルスの流行により、全国各地のクイズ大会がのきなみ延期になり、失意の日々を送っています。公民館が閉まると、われわれは無力です。

4/24(日)には主催側として大会を開く予定だったのですが、緊急事態宣言の延長により会場が使えず、こちらもあえなく延期になりました。500問も作ったのに……。

もちろん、延期・中止に追い込まれているのは、クイズだけではありません。
場を共有するタイプのあらゆる娯楽が影響を受けています。

そのひとつが、各地の寄席です。
東日本大震災でもほぼ休みなく開いていた東京の寄席も、緊急事態宣言を受け、4月の途中から休演が続いています。

そこで思い出したのが、古今亭今輔師匠のお名前です。
師匠は2008年に真打ちに昇進し、名跡「古今亭今輔」を襲名された落語家である一方、クイズを趣味としています。

最近では、日本クイズ協会が主催する、「JQSグランプリシリーズ」のトップリーグ(上位リーグ)に参戦しており、2019-2020シーズンには、参加されたすべての回で、決勝に進出しています。

こう言ってはなんですが、腕に覚えのあるクイズ漬けの面々が揃う中で、安定して勝ち残るというのは至難の業です。上位を占めるのはたいてい、有名なクイズサークルで、長年研鑽を積んできたプレイヤーたちなので、師匠の経歴と強さは特筆すべきものがあります。

クイズのどこに魅力を感じているのか。
ふだんどのように取りくんでおられるのか。
ところで、落語とクイズは関係あるのか。

聞いてみたいことがたくさんあると気づいたので、寄席が休業中のこのタイミングで、ご出演をお願いすることにしました。

当日はクイズを絡めた新作落語「雑学刑事」をご披露いただき、その後、お話をうかがいます。
コロナ禍でどちらも大きな制限を受ける、落語とクイズ。
その両方を愛してこられた古今亭今輔師匠に、いまの思いをうかがいます。

ぜひ、ご視聴ください。

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

古今亭今輔 Imasuke Kokontei

1970年、群馬県生まれ。落語家。平成6年(1994年)12月、古今亭寿輔に入門。平成10年(1998年)11月、二ツ目に昇進。平成20年(2008年)5月、真打昇進、六代目古今亭今輔を襲名。平成24年度(2012年)国立演芸場花形演芸大賞銀賞を受賞。

徳久倫康 Noriyasu Tokuhisa

編集者(株式会社ゲンロン)
1988年生まれ。ゲンロン取締役。『日本2.0 思想地図βvol.3』で、戦後日本の歴史をクイズ文化の変化から考察する論考「国民クイズ2.0」を発表し、反響を呼んだ。自身もクイズプレイヤーとして『くりぃむ VS 林修!超クイズサバイバー』などの番組に出演。

ネットで
見る

  • レンタル(7日間)
    500円
  • 購入(無期限)
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/06/10 00:00
放送終了
無期限
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/05/24 19:00
タイムシフト視聴終了
2020/05/31 23:59