メディアはプロパガンダとどう戦うのか──『新プロパガンダ論』刊行記念第5弾

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    990円
  • チャンネル会員
    500円
  • 一般
    無料
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

ゲンロンαにイベントのレポート記事を掲載しています。ぜひお読みください。
記事URL= https://genron-alpha.com/article20210812_01/

 

【イベント概要】

政治広報・情報戦略に焦点を当てながら、安倍長期政権分析を中心に大胆かつスリリングに政治や社会を論じた『新プロパガンダ論』(辻田真佐憲氏と西田亮介氏の共著)。
各方面から注目を集める同書の刊行記念イベント第5弾として、東京新聞社会部記者の望月衣塑子氏をお招きし、辻田・西田両氏とのトークを生配信します。

菅義偉現首相は、安倍政権を語る際に欠かせないキーパーソンのひとり。政府のスポークスマン=内閣官房長官として、長年政権を支えつづけました。
望月氏は、2017年6月に行われた官房長官記者会見で菅氏に鋭い質問を浴びせ、一躍話題に。以降も「忖度しない」記者としてさまざまな問題に切り込み、活躍しています。

2019年には、望月氏の著作が原案となる映画『新聞記者』(藤井道人監督)、氏自身の活動を追ったドキュメンタリー映画『i-新聞記者ドキュメント-』(森達也監督)が公開され、大きな話題を呼びました。近年は『嫌われるジャーナリスト』(田原総一朗氏との共著)や『なぜ日本のジャーナリズムは崩壊したのか』(佐高信氏との共著)などの著作、SNSの発信などを通して、メディアと権力の関係について積極的に発言しています。

気鋭の記者として現代の政治権力と直接対峙してきた望月氏は、『新プロパガンダ論』をどのように読んだのでしょうか。

国民を置き去りにしたオリンピック・パラリンピックの議論、コロナ対策の遅れ、入管法改正など、問題の積算する菅政権。いま、新聞は、メディアは社会でどのような役割を果たしうるのか。ジャーナリズムはどうあるべきなのか。
三氏による白熱の議論をご期待ください!

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

 

新プロパガンダ論
辻田真佐憲+西田亮介『新プロパガンダ論』(ゲンロン)

望月衣塑子 Isoko Mochizuki

1975年、東京都生まれ。東京新聞社会部記者。慶應義塾大学法学部卒業後、東京・中日新聞に入社。千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材する。2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の事実をスクープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。東京地裁・高裁での裁判を担当し、その後経済部記者、社会部遊軍記者として、防衛省の武器輸出、軍学共同、をテーマに取材。17年4月以降は、森友学園・加計学園問題の取材チームの一員となり、取材をしながら官房長官会見で質問し続けている。著書に『武器輸出と日本企業』(角川新書)、『武器輸出大国ニッポンでいいのか』(共著、あけび書房)、『THE 独裁者』(KKベストセラーズ)、『追及力』(光文社)、『権力と新聞の大問題』(集英社)、『なぜ、日本のジャーナリズムは崩壊したのか』(講談社+α新書)、『嫌われるジャーナリスト』(SB新書)。2017年に、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞。二児の母。2019年度、「税を追う」取材チームでJCJ大賞受賞。

辻田真佐憲 Masanori Tsujita

1984年、大阪府生まれ。評論家・近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科中退。政治と文化芸術の関係を主なテーマに、著述、調査、評論、レビュー、インタビューなどを幅広く手がけている。単著に『「戦前」の正体』(講談社現代新書)、『防衛省の研究』(朝日新書)、『超空気支配社会』『古関裕而の昭和史』『文部省の研究』(文春新書)、『天皇のお言葉』『大本営発表』(幻冬舎新書)、『空気の検閲』(光文社新書)、共著に『教養としての歴史問題』(東洋経済新報社)、『新プロパガンダ論』(ゲンロン)などがある。監修に『満洲帝国ビジュアル大全』(洋泉社)、『文藝春秋が見た戦争と日本人』(文藝春秋)など多数。軍事史学会正会員、日本文藝家協会会員。

西田亮介 Ryosuke Nishida

1983年京都生まれ。日本大学危機管理学部教授/東京工業大学リベラルアーツ研究教育院特任教授。博士(政策・メディア)。慶應義塾大学総合政策学部卒業、同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。同政策・メディア研究科助教(研究奨励Ⅱ)、(独)中小企業基盤整備機構経営支援情報センターリサーチャー、立命館大学大学院特別招聘准教授等を経て、2015年9月に東京工業大学に着任。現在に至る。
専門は社会学。著書に『コロナ危機の社会学』(朝日新聞出版)『ネット選挙——解禁がもたらす日本社会の変容』(東洋経済新報社)、『メディアと自民党』(角川新書)『情報武装する政治』(KADOKAWA)他多数。

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    990円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2021/06/02 19:00
公開終了
2021/12/01 12:00
  • チャンネル会員
    500円
  • 一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2021/11/11 13:00
タイムシフト視聴終了
2021/11/18 23:59
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2021/06/02 19:00
タイムシフト視聴終了
2021/06/09 23:59