東浩紀突発#38 東浩紀がいま考えていること 6──全 シ ラ ス 最 速 仕事始め突発番組

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    330円

【イベント概要】

2022年の開始とともに始まる、「東浩紀がいま考えていること」の最新回です。個人突発放送としてお送りします。
「東浩紀がいま考えていること」は、ぼく(東浩紀)がいま書いている原稿の構想などをひとりで語る好評シリーズで、2022年8月を最後に停止していました。その16ヶ月ぶりの復活となります。『観光客の哲学』増補版の話を中心に、2022年にゲンロンとシラスで展開したいことの抱負などを語ります。まじめな番組です。
・・というのが基本的な概要ですが、実際のところは、年末バタバタしていて追加突発ができなかったし、やはり新年最初のシラス番組はぼくが奪うしかなかろうというきわめて個人的なエゴで立てた番組でもあります(笑)。いきなり放送を決めたので仮装もなければクラッカーなど特別の演出もないですが、いちおうパワポはあります。あけましておめでとうということで、もろもろ雑談などもできたらと思います。
ふるってご参加ください。

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)、『哲学の誤配』(2020年)、『ゲンロン戦記』(2020年)ほか多数。対談集に『新対話篇』(2020年)がある。

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    330円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2022/01/01 00:00
公開終了
2022/07/01 23:59