【#駅シラス実施記念!】友と敵を超えるプラットフォーム シラス

ネットで
見る

  • 一般
    無料

【イベント概要】

合同会社シラスでは、2022年3月7日(月)~3月20日(日)の14日間(一部のみ8日(火)~21日(月)まで)、全国11駅に11種類のポスターを掲載する「駅シラス」プロジェクトを実施しています。
本プロジェクトの実施を機に、あらためて配信プラットフォームとしての「シラス」の魅力を紹介する特別無料放送。出演は合同会社シラスの代表を務める東浩紀とCTOの桂大介。
駅広告で初めてシラスを知った方や、名前は聞いたことはあるが詳しくは知らないという方はもちろん、普段からシラスを楽しんでいる「シラシー」の皆さんも、どうぞご覧ください。

本番組終了後、21:30からはシラスで有料二次会を開催予定。この機会にぜひシラスもご登録ください。

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

桂大介 Daisuke Katsura

1985年生まれ。早稲田大学在学中の2006年に代表の村上太一らと株式会社リブセンスを創業。日本初となる成果報酬型アルバイト情報サイトの提供を始める。東証一部上場を果たした後、17年に取締役を退任。ソーシャルセクターの活動を広げ、18年に寄付プラットフォームの株式会社SOLIO、19年に共同贈与コミュニティの一般社団法人新しい贈与論を設立。個人でも寄付を続けながら、贈与の新しい姿を模索している。友の会会員。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)、『哲学の誤配』(2020年)、『ゲンロン戦記』(2020年)、『忘却にあらがう』(朝日新聞出版)ほか多数。対談集に『新対話篇』(2020年)がある。

ネットで
見る

  • 一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2022/03/18 20:00
放送終了
無期限