ニッポンのマンガ#16ゲームが変えたフィクション──ロードス島戦記とファンタジーの30年

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席  入場券
    3,500円
  • 友の会会員/学生 入場券
    3,000円
  • 一般 入場券
    3,500円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    990円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

本イベントは、ゲンロンカフェでの会場観覧、またはシラス・ニコニコ生放送のゲンロン完全中継チャンネルからインターネット配信でご覧いただけます。
会場での当日券販売も行います。ただし、新型コロナウイルス感染症予防のために座席の間隔を広く確保しており、ご準備できる座席数に限りがございます。
おはやめにPeatixでご予約いただくようお願いをいたします。Peatixでのお申込みは、イベント当日の開始時刻まで可能です。

登壇者への質問やメッセージなどは、下記の投稿フォームからお送りください。
イベントのなかで、お寄せいただいた投稿をご紹介させていただきます。

★質問・お便り募集フォーム(クリックで開きます)
※ イベント中の質疑応答は現地観覧の方が優先となります。進行によっては、フォームでいただいた質問・メッセージをイベント内でご紹介できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
 

【イベント概要】

マンガ家の大井昌和氏と物語評論家のさやわか氏がホストとなり、マンガを中心にさまざまなサブカルチャーの魅力を縦横無尽に語り尽くす、ゲンロンカフェの人気トークシリーズ「ニッポンのマンガ」。その第16弾となる今回は超大物ゲストがご登場。作家・ゲームデザイナーの水野良氏がゲンロンカフェ初登壇です!

水野氏は、1980年代に日本にTRPGを広めた草分け的存在「グループSNE」設立に参加。PCゲーム雑誌「コンプティーク」にTRPGのリプレイを連載し、それらを基にした小説『ロードス島戦記 灰色の魔女』で小説家としてデビューを飾ります。「ロードス島戦記」シリーズはライトノベルの嚆矢となり、幅広いメディアミックス展開もされセンセーションを巻き起こしました。出版とゲーム⽂化を橋渡しするシーンの盛り上がりは、さまざまなジャンルのクリエイターに多大な影響を与え、いまの⽇本のエンターテインメントの大きな転換点になったとさやわか氏は言います。

今回ゲンロンカフェでは、水野氏が関わった80年代当時のムーブメントをふり返るとともに、ゲーム的な想像力がその後のフィクションの潮流をどのように変え、いまそれがどのように更新されつつあるのかを探っていきます。伝説のトークとなること間違いなし。必見!


spitz
水野良『ロードス島戦記 誓約の宝冠1』(角川スニーカー文庫)
(C)水野良・グループSNE・左/KADOKAWA

水野良 Ryo Mizuno

1963年大阪府出身、立命館大学卒。大学在籍中よりゲームデザイナーとして活動開始。卒業後ゲームデザイナー集団『グループSNE』の設立に参加(現在は独立)。1988年に『ロードス島戦記』で小説デビュー、ライトノベル作家として現在も活動中。

さやわか Sayawaka

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。著書に『僕たちのゲーム史』、『文学の読み方』(いずれも星海社新書)、『キャラの思考法』(青土社)、『名探偵コナンと平成』(コア新書)、『ゲーム雑誌ガイドブック』(三才ブックス)など。編著に『マンガ家になる!』(ゲンロン、西島大介との共編)、マンガ原作に『キューティーミューティー』全5巻(LINEコミックス、作画・ふみふみこ)がある。近著に『世界を物語として生きるために』(青土社)。LINEマンガで『永守くんが一途すぎて困る。』(原作。作画・ふみふみこ)を連載中。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席  入場券
    3,500円
  • 友の会会員/学生 入場券
    3,000円
  • 一般 入場券
    3,500円

ゲンロン友の会について詳しくはこちら

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    990円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2022/05/25 19:00
公開終了
2022/11/22 23:59
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2022/05/25 19:00
タイムシフト視聴終了
2022/06/01 23:59