ゲンロンカフェ@VOLVO STUDIO AOYAMA#1『観光客の哲学』と都市文化──第71回毎日出版文化賞受賞記念講演

カフェに
行く

  • 前売 券1ドリンク付<初回限定価格>
    2,000円
満員御礼 購入はこちら

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

※ 本イベントの会場は、ボルボ スタジオ青山となります。ゲンロンカフェでの開催ではありません。

 

【イベント概要】

2017年11月より、弊社株式会社ゲンロン(東京都品川区)は、ボルボ・カー・ジャパン株式会社(東京都港区)との共同で、弊社代表である思想家・批評家の東浩紀がホストをつとめる、新世代のトーク・コラボレーション・プロジェクト「ゲンロンカフェ@VOLVO STUDIO AOYAMA」を始動いたします。

初回、東浩紀による単独イベントは、『ゲンロン0 観光客の哲学』から考える都市文化。
新世代の都市型トークイベントに、どうぞご期待ください!


東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』

 

【イベント後記】

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年生まれ。東京都出身。哲学者・作家。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。株式会社ゲンロン代表、同社で批評誌『ゲンロン』を刊行。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『弱いつながり』(幻冬舎)など多数。2017年刊行の『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン)で第71回毎日出版文化賞(人文・社会部門)を受賞。

カフェに
行く

  • 前売 券1ドリンク付<初回限定価格>
    2,000円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2017/11/15 20:00
タイムシフト視聴終了
2017/11/22 18:00