朝日新聞 2015/08/16朝刊 9面(オピニオン)

『朝日新聞』2015/8/16朝刊のオピニオン欄に、東浩紀へのインタビューが掲載されています。戦後日本をテーマにしたアンケートをもとに、日本社会が戦後の次の段階へ向かうための方法を考える内容です。

2015/08/09 信濃毎日新聞など(共同通信配信)

『信濃毎日新聞』など各紙に、東浩紀による書評が掲載されました。取り上げたのは槇文彦・真壁智治編『応答漂うモダニズム』(左右社)です。

開沼博・東浩紀往復書簡「脱『福島論』」

本日から『毎日新聞』夕刊で、開沼博さんと東浩紀による往復書簡の不定期連載が開始しました。第1回は東から開沼さんに宛てた問いかけです。

link

東浩紀×井出明「ダークツーリズム対談」

今月新創刊された『DARK tourism JAPAN』vol.1(ミリオン出版)に、井出明さんと東浩紀の対談が掲載されています。カラー6ページの大ボリュームで、ダークツーリズムの持つ思想的・倫理的意味や、日本における追悼の在り方について議論しています。ゲンロンカフェの紹介記事も。

link

Visualizing Japan’s ‘ugly’ online desires with cultural critic Hiroki Azuma

英字新聞「The Japan Times」のweb版に、東浩紀へのインタビュー記事「Visualizing Japan’s ‘ugly’ online desires with cultural critic Hiroki Azuma」が掲載されました。

link

『AdverTimes(アドタイ)』「〈広く告げる〉をやめた「広告」の新しい形とは?」東浩紀×須田和博(博報堂)×廣田周作(電通)

「宣伝会議」のニュースサイト「AdverTimes(アドタイ)」に、5月29日に行われた須田和博×廣田周作×東浩紀「〈広く告げる〉をやめた「広告」の新しい形 #2 ──変わるテクノロジーと変わらない人間の間で」の紹介記事が掲載されました。

link

批評空間のデザインと実践

『アイデア』No.370(誠文堂新光社)の特集「思想とデザイン」に、東浩紀へのインタビュー「批評空間のデザインと実践」が掲載されています。この特集はゲンロンのデザイン関係をすべてお任せしている加藤賢策さん(ラボラトリーズ)が企画・アートディレクションを担当しており、このインタビュー以外にもゲンロン刊行物の書影、ゲンロンカフェの店内写真などが掲載されています。

朝日新聞 東浩紀 憲法と私(5)イデオロギーを超えよ

5月4日の『朝日新聞』北海道版朝刊「憲法と私」に、東浩紀へのインタビューが掲載されています。インタビュアーは『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』の取材でもご協力いただいた、朝日新聞の関根和弘記者です。

朝日新聞「戦後70年 第3部 国家と歴史下」

『朝日新聞』朝刊全国版の2面「戦後70年 第3部 国家と歴史下」に、小林よしのりさんのゲンロンカフェでの発言が掲載されています。
link

『AdverTimes(アドタイ)』菅野薫×廣田周作×東浩紀「“広く告げる”をやめた「広告」の新しい形――データベースが支配する世界で、欲望はどこにあるのか?」

「宣伝会議」のニュースサイト「AdverTimes(アドタイ)」に、10月17日に行われた菅野薫×廣田周作×東浩紀「“広く告げる”をやめた「広告」の新しい形――データベースが支配する世界で、欲望はどこにあるのか?」の紹介記事が掲載されました。

link

5 / 7«...34567