[河出書房新社 共催] 2013年、どう“社会を変える”のか──踊ってはいけない国で、踊り続けるために

カフェに
行く

  • 友の会会員 前売券
    1,500円
  • 友の会会員 当日券
    2,000円
  • 一般 前売券
    2,000円
  • 一般 当日券
    2,500円

【イベント概要】

3・11以降盛り上がる反原発運動、特に通称「官邸前デモ」は数万人を集め、いまだ毎週金曜日の名物となるくらいに、「ふつうの人」によるデモが社会に定着した。しかし、一方で、先日の衆議院選挙では反原発を掲げる党が大敗する等、日本の変わらなさはいまだに強固であるようにも思える。デモ、署名、また「社会変革」といった言葉がより一層身近となった今、個人にはさらに何が可能なのか。そして、今、この社会で何が起きているのか。昨年、ベストセラーとなった著書『社会を変えるには』でこれまでの社会の在り方、及びこれからの社会変革の方法の一端を指し示した小熊氏と、『思想地図2.0』における憲法2.0の提唱や、最近では「フクシマ観光地計画」など、様々な社会変革のためのプロジェクトを進めている東氏の初公開対談。司会は、風営法によるクラブの営業規制問題に象徴される現代日本の息苦しさをテーマにした『踊ってはいけない国、日本』の編著者で、それを解決するために具体的にどう行動すればいいのかをテーマにした続編を準備中のライター・磯部涼がつとめる。

小熊英二 Eiji Oguma

1962年東京生まれ。東京大学農学部卒。出版社勤務を経て、東京大学総合文化研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学総合政策学部教授。学術博士。著書に『単一民族神話の起源』、『〈日本人〉の境界』、『〈民主〉と〈愛国〉』、『1968』、『日本という国』、社会を変えるには』など。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)ほか多数。

磯部涼 Ryo Isobe

1978年、千葉県生まれ。90年代末より音楽ライターとして活動を開始。主にマイナー音楽と社会の関わりについて執筆。12月15日、BAD HOPを始めとする川崎のラップ・ミュージックや、その背景となるインナーシティの差別、暴力、貧困について取材した『ルポ 川崎』(サイゾー)を刊行。その他の著書にインタヴュー/エッセイ集『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト、11年)、編著書に風営法とクラブの問題についての論考集『踊ってはいけない国、日本』(河出書房新社、12年)、共著書に大和田俊之、吉田雅史と日米のラップ・ミュージックについて語った『ラップは何を映しているのか』(毎日新聞出版、17年)などがある。

カフェに
行く

  • 友の会会員 前売券
    1,500円
  • 友の会会員 当日券
    2,000円
  • 一般 前売券
    2,000円
  • 一般 当日券
    2,500円

友の会入会はこちらから