経済政策と貨幣の考古学──作為の契機としての金融政策

カフェに
行く

  • 友の会会員 前売券
    2,000円
  • 友の会会員 当日券
    2,500円
  • 一般 前売券
    2,500円
  • 一般 当日券
    3,000円

【イベント概要】

貨幣はなぜ貨幣なのか。本物の偽札は偽札なのか——社会における言語論と並んで経済における貨幣論は多くの思想家の知的好奇心を刺激してきた。そのなかで常に対立点となってきたのが貨幣商品説(=特別な商品としてのマネー)と貨幣法制説(=権力によって決定されているからマネー)である。一見衒学的な考古学のように思われる貨幣の出自であるが、このいずれに基礎を置くかによって金融政策の方向性は正反対にもなり得る。
江戸・明治・昭和における政策転換を例に日本における両説の対立を概観するとともに、日本の言論における商品説の優位と丸山真男の作為の契機論の関係性について考えてみたい。思想史は時に最先端の政策論争の核心に触れる。

飯田泰之 Yasuyuki Ida

エコノミスト。1975年東京都生まれ。明治大学政治経済学部准教授。株式会社シノドスマネジング・ディレクター。財務省財務総合政策研究所上席客員研究員。専門は経済政策・マクロ経済学。リフレ派の論客として知られる。東京大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。 内閣府経済社会総合研究所、参議院特別調査室客員研究員、駒澤大学経済学部専任講師・准教授を歴任。主な著書に『飯田のミクロ』『世界一わかりやすい経済の教室』など。

カフェに
行く

  • 友の会会員 前売券
    2,000円
  • 友の会会員 当日券
    2,500円
  • 一般 前売券
    2,500円
  • 一般 当日券
    3,000円

友の会入会はこちらから