FPSゲームS.T.A.L.K.E.Rで巡るチェルノブイリ!

カフェに
行く

  • 友の会会員 前売券
    2,000円
  • 友の会会員 当日券
    2,500円
  • 一般 前売券
    2,500円
  • 一般 当日券
    3,000円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    800円

【イベント概要】

2007年に発売され、実に400万本以上をも売り上げたPCゲーム「S.T.A.L.K.E.R」。
チェルノブイリ原発から約30キロ圏内、通称ゾーンと呼ばれる一帯を舞台としたFPSだ。
かなり忠実に再現されたプリピャチの町中を放射性物質などの影響で誕生したミュータントが徘徊するというとんでもない設定のこのゲーム、なんとチェルノブイリ原発を有するウクライナのゲーム会社が開発したというからさらに驚きだ。

『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』における速水健朗氏の論考、「空想のなかのチェルノブイリ」でも紹介されている本作。
今回のイベントでは実際に壇上でプレイしながらゲームライター・佐藤カフジ氏、電脳カウボーイズメンバー・シン石丸氏、そして思想家・東浩紀の3人が軽妙なトークを繰り広げる。

「空想のなかのチェルノブイリ」を巡る、もうひとつのダークツーリズムがはじまる!

佐藤カフジ Kafuji Sato

1977年生まれ。海外ゲーム歴20年超の自称・PCゲーム伝道師。Tri6主催・国内初のオフラインQuakeトーナメント優勝。
アジア・パシフィックオンラインTDM大会日本代表・準優勝
ネットゲーム廃人の語源となったクラン「廃人軍団」総帥。

1997年ドワンゴ入社。ドワンゴ黎明期の古参社員。2001年退社。
以降ゲームプログラマーとしてゲーム開発に従事するも手がけた製品に納得できずゲームライター業に転身。現在海外ゲーム情報をメインにWeb・紙の各種媒体にて活動中。
佐々木俊尚著「ニコニコ動画が未来を作る」にも登場している。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

シン石丸 Shin Ishimaru

ギターとDAWが三度の飯より大好きなナイスガイである。話題は振るが、人の話を良く聞くイカしたリーダー。
しかしながら腹が減るのが一番早い。

カフェに
行く

  • 友の会会員 前売券
    2,000円
  • 友の会会員 当日券
    2,500円
  • 一般 前売券
    2,500円
  • 一般 当日券
    3,000円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/04/06 18:00
タイムシフト視聴終了
2018/04/13 18:00
放送開始
2016/03/01 00:00
タイムシフト視聴終了
無期限
放送開始
2015/08/04 23:00
タイムシフト視聴終了
2015/08/11 18:00
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    800円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2013/09/16 19:00
タイムシフト視聴終了
2013/09/23 18:00