批評の精神分析2015──ラカン、ヤンキー、ノーラン

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • レンタル(7日間)
    600円
  • 購入(無期限)
    1,200円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    823円

【イベント概要】

精神科医にして批評家の斎藤環さんと東浩紀による、ゲンロンカフェでの初めての対談です。公開の場での対談としては、2011年4月にニコニコ生放送で放送された「いま、「キャラクターと日本人」を考える」以来丸4年ぶりとなる対談。
前回は震災後間もないタイミングでしたが、それから4年を経たいま、あらためておふたりに、精神分析と批評をテーマにお話しいただきます。

下記の写真は、昨年斎藤環さんに行っていただいた5回連続の講義「日本精神分析2.0」の第2回目のものです。イベント冒頭から東浩紀が飛び入り参加し、斎藤さんの講義をベースに討論がなされました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

【イベント後記】


 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

斎藤環 Tamaki Saito

1961年、岩手県生まれ。1990年、筑波大学医学専門学群環境生態学卒業。医学博士。爽風会佐々木病院精神科診療部長(1987年より勤務)を経て、2013年より筑波大学社会精神保健学教授。専門は思春期・青年期の精神病理、および病跡学。著書に『社会的ひきこもり』(PHP研究所)、『戦闘美少女の精神分析』(太田出版)など。『世界が土曜の夜の夢なら』(角川書店)で、第11回角川財団学芸賞受賞。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)ほか多数。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • レンタル(7日間)
    600円
  • 購入(無期限)
    1,200円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2015/06/30 00:00
放送終了
無期限
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2017/08/04 13:00
タイムシフト視聴終了
2017/08/11 18:00
放送開始
2017/05/19 18:00
タイムシフト視聴終了
2017/05/26 18:00
放送開始
2016/11/08 18:00
タイムシフト視聴終了
2016/11/15 18:00
放送開始
2016/01/23 22:00
タイムシフト視聴終了
2016/01/30 18:00
放送開始
2015/11/01 00:00
タイムシフト視聴終了
無期限
放送開始
2015/09/11 19:00
タイムシフト視聴終了
2015/09/18 18:00
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    823円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2015/04/22 19:00
タイムシフト視聴終了
2015/04/29 18:00