ソ連崩壊後のポストモダニズム──『ロシアあるいは対立の亡霊』刊行記念トークショー

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

2015年12月、乗松亨平の『ロシアあるいは対立の亡霊——「第二世界」のポストモダン』(講談社選書メチエ)が刊行された。ソ連末期から21世紀の現代にいたる、ロシア現代思想の展望を語る渾身の書である。西欧のポストモダン思想を輸入しつつ、ロシア独自の道を探る思想家たちの思考の道筋が対立の構造とそこからの逸脱を軸に描かれた同書では、柄谷行人や東浩紀を参照にしつつ、日本とロシアのポストモダン思想が随所で比較される。

同書で乗松は「ポストモダン的であること」と「日本的であること」が80年代の日本では一致していたという東の分析は、ロシアをはじめとする欧米外の国にも当てはまると指摘している。ロシアのポストモダン思想はどのようなものなのか。日露の現代思想の対話は可能なのか。司会はロシア文学者の上田洋子。

 


スライド17

 

【イベント後記】

 

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

乗松亨平 Kyohei Norimatsu

1975年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科准教授。専門は近代ロシア文学・思想。著書に『リアリズムの条件 ロシア近代文学の成立と植民地表象』(水声社)、『ロシアあるいは対立の亡霊 「第二世界」のポストモダン』(講談社選書メチエ)、訳書にヤンポリスキー『デーモンと迷宮 ダイアグラム・デフォルメ・ミメーシス』、『隠喩・神話・事実性 ミハイル・ヤンポリスキー日本講演集』(いずれも水声社、共訳)など。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

上田洋子 Yoko Ueda

撮影=Gottingham
1974年生まれ。ロシア文学者、ロシア語通訳・翻訳者。博士(文学)。ゲンロン代表。早稲田大学非常勤講師。著書に『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β4-1』(調査・監修、ゲンロン、2013)、『瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集』(共訳、松籟社、2012)、『歌舞伎と革命ロシア』(編著、森話社、2017)、『プッシー・ライオットの革命』(監修、DU BOOKS、2018)など。展示企画に「メイエルホリドの演劇と生涯:没後70年・復権55年」展(早稲田大学演劇博物館、2010)など。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2017/09/29 13:00
タイムシフト視聴終了
2017/10/06 18:00
放送開始
2017/07/05 18:00
タイムシフト視聴終了
2017/07/12 18:00
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2016/03/30 19:00
タイムシフト視聴終了
2016/04/06 18:00