『新復興論』先行販売特別イベント──ゲンロン叢書第一弾

カフェに
行く

  • 小松理虔『新復興論』1冊付
    2,484円
満員御礼 購入はこちら

ネットで
見る

  • 一般
    無料
  • 一般
    無料

小松理虔『新復興論』の特設サイトがオープンしました!(こちらをクリック)

 

【イベント概要】

2018年9月1日、ゲンロンから初となる単行本レーベル「ゲンロン叢書」がついに発行される――。

その第一弾となるのは小松理虔『新復興論』!
ゲンロンカフェでもおなじみ、いわき市小名浜在住のアクティビスト小松理虔さんの、初となる単著です。ゲンロンカフェでは同書の刊行を記念し、小松さんによる単独トークイベントをお届けします。
震災と原発事故によって、賛成と反対、敵と味方に引き裂かれた日本で、異なる価値観が交わる「潮目」をいかにして作リ出すのか。そして食・芸術・観光によって人と人をつなぐ、「地域づくり」としての復興のあり方とは?
400ページもの大著を書き上げた著者が、同書に込めた想いを語り尽くします!

本イベントは『新復興論』をお買い上げいただいた方が対象の無料イベントです。
参加者には当日、会場にて『新復興論』を世界最速(発売日前日!)でお届け!
さらに当日は福島の地酒の特別販売も!!

震災から七年。「新しい復興」のはじまりを、お見逃しなく!

柳美里氏、後藤正文氏、志賀忠重氏推薦!

いままさに、転流時である。
本書を読んで、潮目を見定めてほしい。
――柳美里(作家)

僕らに必要なのは、ボーダーを行き来する思考の旅だ。
――後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

原発事故があって真剣に未来を考えるようになった。
娘や息子たちに伝えたいことが満載だ。
――志賀忠重(いわき万本桜プロジェクト)

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

小松理虔 Riken Komatsu

撮影=鈴木禎司
1979年いわき市小名浜生まれ。ローカルアクティビスト。いわき市小名浜でオルタナティブスペース「UDOK.」を主宰しつつ、いわき海洋調べ隊「うみラボ」では、有志とともに定期的に福島第一原発沖の海洋調査を開催。そのほか、フリーランスの立場で地域の食や医療、福祉など、さまざまな分野の企画や情報発信に携わる。『ゲンロンβ』に、『新復興論』の下敷きとなった「浜通り通信」を50回にわたって連載。共著本に『常磐線中心主義 ジョーバンセントリズム』(河出書房新社)、『ローカルメディアの仕事術』(学芸出版社)ほか。

カフェに
行く

  • 小松理虔『新復興論』1冊付
    2,484円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • 一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/08/31 19:00
放送終了
無期限
  • 一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/08/31 19:00
タイムシフト視聴終了
2018/09/07 18:00