我々はなぜ我々だけなのか──サピエンス前史の人類学をめぐって

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

現在、地球上の人間はすべて、ホモ・サピエンスに分類されます。しかしほんの数万年前までは、サピエンスとは異なる多種多様な人類たちが、同時代に暮らしていました。人類はなぜ「我々」だけになってしまったのでしょうか?
川端裕人著・海部陽介監修『我々はなぜ我々だけなのか』(ブルーバックス)は、謎と新発見に満ちた人類進化の魅力を伝える好著として、第34回講談社科学出版賞および科学ジャーナリスト賞2018を受賞しました。
人類進化学の第一人者で「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」代表としても知られる海部氏をお招きし、著者の川端氏を聞き手に、トークイベントを開催します。
ホモ・サピエンス以前の人類はどのようであったのか? 太古の人類を研究することの魅力とは? たっぷりと語っていただきます!

今回ご登壇する海部陽介さんは、最初の日本列島人による大航海を再現する国立科学博物館「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」の代表。
現在、その「本番の実験航海」を来夏に実現するため、クラウドファンディングを行っています。9月14日まで。
詳細:https://readyfor.jp/projects/koukai2

【登壇者より】

「ホモ・サピエンスを理解するには、それとは全く異質だったホモ・サピエンス以前の世界を知らなければならない」。そんな私の専門的議論が、川端さんと交わると、わかり易く、面白くなるはず。この本のように。ご期待ください!(海部陽介)

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

海部陽介 Yosuke Kaifu

人類進化学者。理学博士。1969年生まれ。国立科学博物館人類研究部人類史研究グループ長・「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」代表。東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。化石などから約200万年におよぶアジアの人類進化史を研究している。日本学術振興会賞受賞。著書に「日本人はどこから来たのか」(文藝春秋 2016:古代歴史文化賞)、「人類がたどってきた道」(NHKブックス 2005)など。

川端裕人 Hiroto Kawabata

文筆家。1964年生まれ、日本テレビ報道局を経て1997年よりフリーランス。小説作品に『夏のロケット』『星と半月の海』『川の名前』『青い海の宇宙港(春夏篇・秋冬篇)』など、ノンフィクション作品に『動物園にできること』など多数。また『宇宙の始まり、そして終わり』『8時間睡眠のウソ。』(いずれも共著)などの科学書も手がける。2018年、『我々はなぜ我々だけなのか』で科学ジャーナリスト賞2018と講談社科学出版賞受賞。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2018/10/11 19:00
タイムシフト視聴終了
2018/10/18 18:00