脳とメディアが広告と出会うとき──『新記号論』刊行記念イベント第2弾

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円
満員御礼 購入はこちら

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

↓ 石田英敬さん作成、今回のイベントに向けた参考資料集!
http://nulptyxcom.blogspot.com/2019/04/220180420.html

 

【イベント概要】

新記号論』刊行記念第2弾!
大好評大増刷で、現代思想界に静かなブームを引き起こしつつある石田英敬と東浩紀の新著『新記号論』。

フロイト、スピノザ、フッサールとハイブロウな思想家の名前が並ぶ著作だが、同書は理論の書であるとともにじつは実践の書でもあった。
著者のひとり石田英敬は、東京大学のゼミで長いあいだテレビ番組やCMの研究を展開、一部企業の広告戦略にも関わっている。そもそも「広報の父」エドワード・バーネイズはフロイトの甥であり、精神分析と大衆社会やメディアの問題は驚くほど近い場所にある。

そちらの関係は『新記号論』では十分に展開されていなかったのだが、去る3月に行われた刊行記念イベント第1弾の打ち上げの席で、ジャーナリストの津田大介と石田のふたりがメディア論やマーケティング論の関心で思いがけず意気投合、今回のイベントはその盛り上がりを受けての緊急開催となる。

題して「脳とメディアが広告と出会うとき」。
『新記号論』の新たな展開を見逃すな!

『新記号論』特設サイトはこちら!(クリックで開きます)

▪︎

増刷決定! 各方面から大反響の嵐!
Amazon 現代思想部門1位などランキング入り!

 

石田英敬+東浩紀『新記号論――脳とメディアが出会うとき』(ゲンロン)

 
脳とメディアが出会うとき――記号論は新たに生まれ変わる!
クロマニョン人とリュミエール兄弟、スピノザとニューロサイエンス、フロイトとiPadが軽やかに結びつく、超時代・超領域の連続講義。やがて聴衆は、人文学と認知科学が団結し、ファシズムに立ち向かう瞬間を目の当たりにするだろう。
われわれの認知を、コミュニケーションを、政治行動を、テクノロジーはどのように規定しているのか。
インターフェイスに囲まれて生きる現代人の必携の書。

【目次】
はじめに 
講義 石田英敬+東浩紀
第1講義 記号論と脳科学
第2講義 フロイトへの回帰
第3講義 書き込みの体制(アウフシュライベジステーム)2000
補論 石田英敬
4つの追伸 ハイパーコントロール社会について
おわりに

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

石田英敬 Hidetaka Ishida

東京大学教授。同大学院情報学環・学環長、東京大学附属図書館副館長など歴任、2012年より同大学院総合文化研究科教授・同情報学環教授(兼担)、その間、パリ第7大学、パリ第8大学客員教授、パリ哲学コレージュ・プログラムディレクターなども務める。
専門は、記号学、メディア論。とくに19世紀以後のメディア・テクノロジーの発達と人間文明との関係を研究するメディア記号論の分野で日本を代表する研究者。情報技術を活用した人文学的研究としてテレビ記号論や情報記号論の研究展開を主導してきた。近年は人文知の閉塞状況を批判しメディア時代に応えうる新しい人文学として「新しい〈記号の学〉」を提唱している。
主な著書に『現代思想の教科書』(筑摩書房)、『大人のためのメディア論講義』(筑摩書房)、主な編著書に、『デジタル・スタディーズ』全3巻(東京大学出版会)、『ミシェル・フーコー思考集成』全10巻(筑摩書房)、『フーコー・コレクション』全6巻(筑摩書房)など、他多数。時事的なメディア問題に関しても、新聞、総合誌、テレビなどで多数の発言を行っている。

津田大介 Daisuke Tsuda

1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。 大阪経済大学客員教授。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師。東京工業大学リベラルアーツセンター非常勤講師。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットサービス、コンテンツビジネス、著作権問題などを専門分野に執筆活動を行う。ソーシャルメディアを利用した新しいジャーナリズムをさまざまな形で実践。ポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」の創業・運営にも携わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『Twitter社会論』(洋泉社新書)、『未来型サバイバル音楽論』(中公新書ラクレ)ほか。2018年11月13日に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)を刊行。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)ほか多数。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,600円
  • 友の会会員 前売券
    2,100円
  • 友の会会員 当日券
    2,600円
  • 一般 前売券
    2,600円
  • 一般 当日券
    3,100円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2019/05/16 18:00
タイムシフト視聴終了
2019/05/23 18:00
放送開始
2019/04/20 19:00
タイムシフト視聴終了
2019/04/28 18:00