万城目学ともろざし読書会──小川哲の文学BAR #1

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,700円
  • 友の会会員 前売券
    2,200円
  • 友の会会員 当日券
    2,700円
  • 一般 前売券
    2,700円
  • 一般 当日券
    3,200円

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円

【イベント概要】

『ゲームの王国』で日本SF大賞と山本周五郎賞をダブル受賞、
『嘘と正典』が第162回直木賞にノミネートされるなど話題を集め、
トークイベントでも人気の新鋭作家・小川哲さんによる新イベントシリーズ、
【小川哲の文学BAR】がゲンロンカフェにオープンいたします!

新シリーズの記念すべく第1回にお招きするゲストは、
ゲンロンカフェ初登壇の小説家・万城目学さん!
鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』など、著作のドラマ化・映画化も多く、
数々のヒット作を生み出すこの鬼才を、プライベードでも親交の深いという小川さんが迎えます。

今回は「もろざし読書会」と題して、お二人にお互いへの課題図書を出していただきました。
当日はこれらの課題図書作品のご感想をうかがいながら、小説の書き方と読み方、
ジャンルの違いや、創作秘話からご自身のルーツ、小説家としての生き方、
そしておふたりを繋ぐゲームの話など(!?)盛りだくさんでお届けします。

▼小川さんから万城目さんへ【SF課題図書】
・『嘘と正典』小川哲
・『スローターハウス 5』カート・ヴォネガット
・『息吹』テッド・チャン

▼万城目さんから小川さんへ【歴史小説課題図書】
・『悟浄出立』万城目学
・『豊臣家の人々』司馬遼太郎

課題図書を読んでいる方には作品の新たな一面をお届けし、
読んでいない方には、格好の読書ガイドとしてお楽しみいただける内容となること間違いなし。
SF小説と歴史小説に、万城目さんと小川さんがもろざし(両差し)で挑みます!

また、イベント当日は、
万城目さんの青春記エッセイ『べらぼうくん』も会場にて販売いたします。
終演後には、サイン会もあります!!
どのようにして小説家になったのか、小説家になるまでのその人生についても、
イベントでもたっぷりおうかがいしたいと思います。どうぞお楽しみに!

201612
万城目学『べらぼうくん』(文藝春秋)

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

万城目学 Manabu Makime

(C)ホンゴユウジ
1976年、大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。
化学繊維会社勤務を経て、2006年に第四回ボイルエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。その他小説として『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』など。著書の多くがドラマ化、映画化されている。最新刊は、予備校生時代から、大学生、会社員、無職を経て、作家デビューまでの10年を綴った青春記エッセイ『べらぼうくん』。

小川哲 Satoshi Ogawa

1986年千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程退学。2015年に第3回ハヤカワSFコンテスト〈大賞〉を『ユートロニカのこちら側』で受賞し、デビューを果たす。2017年に第2長篇となる『ゲームの王国』を上梓し、同作で第38回日本SF大賞、第31回山本周五郎賞を受賞。
2019年9月、短篇集『嘘と正典』を刊行。

カフェに
行く

  • 友の会会員限定最前列席 前売券
    2,700円
  • 友の会会員 前売券
    2,200円
  • 友の会会員 当日券
    2,700円
  • 一般 前売券
    2,700円
  • 一般 当日券
    3,200円

友の会入会はこちらから

ネットで
見る

  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/05/14 13:00
タイムシフト視聴終了
2020/05/21 23:59
  • チャンネル会員
    無料
  • 一般
    1,000円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/02/15 19:00
タイムシフト視聴終了
2020/02/22 18:00