さいたまの過去と未来──出雲の血脈と郊外私鉄の可能性(思索の源泉としての私鉄3)

ネットで
見る

  • 【その1】チャンネル会員
    無料
  • 【その1】一般
    500円
  • 【その2】チャンネル会員
    無料
  • 【その2】一般
    500円

ゲンロンαにイベントのレポート記事を掲載しています。ぜひお読みください。
記事URL= https://genron-alpha.com/article20200720_01/

【番組構成変更のお知らせ】

当初ご案内の開始時間、料金、番組アドレスが変更になりました。
番組は2部構成となり、番組【その1】は19:00開始、【その2】は21:15開始となります。
また、原武史さんのご登壇は【その1】のみとなります。

変更前の番組チケットをご購入の方には、運営会社ドワンゴ様に返ポイント申請を行っております。
こちらの申請がおりますと、ご購入されたお客様のポイントが返却されます。
ご不明のことがありましたら、ゲンロン info@genron.co.jp までお問い合わせください。
ご迷惑をおかけして、誠に申し訳ございません。

 

番組では皆さまからの質問やお便りを募集します。
登壇者への質問、メッセージなどを下記の投稿フォームからお送りください。
番組のなかで、お寄せいただいた投稿をご紹介させていただきます。皆さまからの投稿お待ちしております。

※原さんへのご質問は、時間の関係でお答えできない場合がございます。ご了承ください。

★質問・お便り募集フォーム(クリックで開きます)

 

【イベント概要】

ゲンロンカフェでは大好評の「思索の源泉としての私鉄」シリーズで知られる政治学者・原武史氏。原氏の原点は西武線であり、また同氏には『<出雲>という思想』という埼玉論の名著がある。原氏のテツ学者の、否、政治学者としての原点はじつは「埼玉」にあるのではないか? そんなわけで第3弾では、所沢育ちで川越高校出身、いまも埼玉県下で縦横矛盾に活躍し続ける建築家・藤村龍至氏(東京藝術大学准教授でもある)をゲストに迎えて、ちょっと斜めの角度から鉄道と日本社会と埼玉の謎に迫る。

埼玉の思想的、都市論的可能性とはなにか? なぜ埼玉は明治以降辺境とみなされてきたのか? 秩父宮はなぜ秩父なのか? そしてポストコロナで埼玉が輝く可能性とはなにか? 司会を務めるのは、10代を東急沿線の横浜市で過ごし、池袋より北にはほとんどいったことのない東浩紀。乞うご期待。

 
※ 原武史さんのご登壇は【その1】のみとなります。
※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

 

当日のtweetのまとめはこちら

togetter

原武史 Takeshi Hara

1962年、東京都生まれ。日本経済新聞社会部記者として、昭和末期に宮内庁詰めとなる。1992年、東京大学大学院博士課程中退。現在、放送大学教授。明治学院大学名誉教授。著書に、『「民都」大阪対「帝都」東京』(サントリー学芸賞)、『大正天皇』(毎日出版文化賞)、『滝山コミューン一九七四』(講談社ノンフィクション賞)、『昭和天皇』(司馬遼太郎賞)、『皇后考』、『〈女帝〉の日本史』など。

藤村龍至 Ryuji Fujimura

【撮影: 新津保建秀】
1976年東京生まれ。東京藝術大学美術学部建築科准教授。RFA主宰。2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。主な建築作品に「鶴ヶ島太陽光発電所・環境教育施設」(2014年)。著書に『批判的工学主義の建築』(NTT出版)、『プロトタイピング——模型とつぶやき』(LIXIL出版)、『ちのかたち』(TOTO出版)。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

ネットで
見る

  • 【その1】チャンネル会員
    無料
  • 【その1】一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/07/17 19:00
タイムシフト視聴終了
2020/07/24 23:59
  • 【その2】チャンネル会員
    無料
  • 【その2】一般
    500円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/07/17 21:15
タイムシフト視聴終了
2020/07/25 23:59