シラスの未来、配信の未来、データの未来

ネットで
見る

  • 【前半】一般
    無料
  • 【後半】チャンネル会員
    無料
  • 【後半】一般
    550円

ゲンロンαにイベントのレポート記事を掲載しています。ぜひお読みください。
記事URL= https://genron-alpha.com/article20201027_02/

 

【イベント概要】

ゲンロン主導で開発した新配信プラットフォーム「シラス」、ついにオープン! 10月19日にはオープンと同時にゲンロン完全中継チャンネル・シラス版が開設。今後も少しずつチャンネルを増やす計画になっている。

ゲンロンカフェではこのオープンを記念して、11月にチャンネル開設予定のさやわか、辻田真佐憲両氏を招いて記念イベントを開催。東浩紀によるシラスのプレゼン&開発秘話から始まり、さやわか、辻田両氏の新チャンネルにかける意気込み、そしてシラスの未来を語り尽くす。イベント後半では、シラスCTOの桂大介氏もゲスト出演。シラスを支えるさまざまな工夫、見えてきた問題点も話していただく予定だ。

シラスのコンセプトは「無料でだらだら話さない」。視聴者には転送量の対価をきちんと負担いただくという「情報唯物論的等価交換」がシラスのポリシーだが、はたしてこの3人のメンバーでだらだら話さないことなんてできるのか? そういう意味でも必見のイベント。
シラス爆誕の瞬間を見逃すな!


本イベントの前半(19:00-21:00)は「ゲンロン完全中継チャンネル:ニコ生版」で無料放送、後半は「ゲンロン完全中継チャンネル:シラス版」(21:00-)で550円の特別番組として有料放送になります。
後者については、「ゲンロン完全中継チャンネル:シラス版」にご入会いただければ(月額6600円)、むろん料金はかかりません。

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

さやわか Sayawaka

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。著書に『僕たちのゲーム史』、『一〇年代文化論』『文学の読み方』(星海社新書)、『AKB商法とは何だったのか』(大洋図書)、『キャラの思考法』(青土社)など。近著に『文学としてのドラゴンクエスト』、『名探偵コナンと平成』(コア新書)。マンガ原作に『qtµt キューティーミューティー』(LINEコミックス、作画・ふみふみこ)。ひらめき☆マンガ教室第1期の講義内容は『マンガ家になる!』(西島大介との共編)にまとめられている。

辻田真佐憲 Masanori Tsujita

1984年大阪府生まれ。文筆家、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科中退。2011年より執筆活動を開始し、現在、政治・戦争と文化芸術の関わりを研究テーマとしている。著書に『日本の軍歌』、『ふしぎな君が代』『大本営発表』『天皇のお言葉』(以上、幻冬舎新書)、『空気の検閲』(光文社新書)『愛国とレコード』(えにし書房)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)、『古関裕而の昭和史』 (文春新書) などがある。共著に『教養としての歴史問題』(東洋経済新報社)、『新プロパガンダ論』(ゲンロン)などがある。歴史資料の復刻にも取り組んでおり、監修CDに『日本の軍歌アーカイブス』(ビクターエンタテインメント)、『出征兵士を送る歌 これが軍歌だ!』(キングレコード)、『日本の軍歌・軍国歌謡全集』(ぐらもくらぶ)などがある。

東浩紀 Hiroki Azuma

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)、『哲学の誤配』(2020年)ほか多数。対談集に『新対話篇』(2020年)がある。

ネットで
見る

  • 【前半】一般
    無料
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/10/19 19:00
タイムシフト視聴終了
2020/10/26 23:59
  • 【後半】チャンネル会員
    無料
  • 【後半】一般
    550円
チャンネルサイトはこちらから

放送開始
2020/10/19 21:00
公開終了
2021/04/20 12:00